エルンスト (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト鉄公

エルンスト(Ernst, 1377年 - 1424年6月10日)は、ハプスブルク家内オーストリア公(在位:1406年 - 1424年)。シュタイアーマルクケルンテン、クラインを治めた。エルンスト鉄公(Ernst der Eiserne)と呼ばれる。神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の父。

内オーストリア公レオポルト3世の三男で、長兄ヴィルヘルムの死後に所領を相続した。1392年ポメラニア公ボグスワフ5世の娘マルガレーテと結婚したが、子をもうけずに死別した。1412年マゾフシェ公シェモヴィト4世の娘ツィンバルカと結婚し、フリードリヒ3世(オーストリア大公としては5世)、アルブレヒト6世ら9子をもうけた。ちなみにシェモヴィト4世は、エルンストの兄ヴィルヘルムとの婚約を破棄されたポーランド女王ヤドヴィガがその後結婚相手の候補とした人物であった。

子女[編集]

先代:
ヴィルヘルム
内オーストリア公
1406年 - 1424年
次代:
フリードリヒ5世
アルブレヒト6世