マリー=ドロテ・ド・アブスブール=ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルレアン公爵夫人マリー=ドロテ

マリー=ドロテ・ド・アブスブール=ロレーヌフランス語Marie-Dorothée Amélie de Habsbourg-Lorraine, ドイツ語:Maria Dorothea von Österreich, 1867年6月14日 - 1932年4月6日)は、フランスルイ・フィリップの曾孫オルレアン公フィリップの2度目の妻。

ハンガリー副王であったオーストリア大公ヨーゼフ・カールヨーゼフ・アントン大公の三男)と、妃クロティルデブルガリアフェルディナンド1世の姉)の次女として、ハンガリーのアルチュートドヴォズ(Alcsútdoboz)で生まれた。

1896年、ウィーンでフィリップと結婚。2人の間に子はなかった。また、夫婦仲は良くなく、結婚から数年で同居を解消した。1914年に離婚が成立すると、マリー=ドロテはハンガリーへ移り住んだ。1932年に没後、ブダ城内の納骨堂に埋葬された。