マリー・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ (1849-1922)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女マリー

マリー・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハMarie von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1849年1月20日 ヴァイマル - 1922年5月6日 トレブシェンシレジア)は、ドイツのザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公家の公女で、ロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ7世の妻。全名はマリー・アンナ・アレクサンドリーネ・ゾフィー・アウグステ・ヘレーネMarie Anna Alexandrine Sophie Auguste Helene von Sachsen-Weimar-Eisenach)。

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アレクサンダーとその妻でオランダ王ウィレム2世の娘であるソフィーの間の第2子、長女として生まれた。家族からは「ツィッタ(Zitta)」の愛称で呼ばれた。1876年2月6日にヴァイマルにおいて、ロイス=ケストリッツ家の侯子でプロイセンの外交官であるハインリヒ7世と結婚した。

1890年に伯父のオランダ王ウィレム3世が亡くなり、幼いウィルヘルミナ女王が即位すると、マリーは母や兄のザクセン大公世子カール・アウグストとともに、オランダ王位継承者の有力候補となった。マリーは作曲家のベルンハルト・シュターフェンハーゲンの最大の後援者であり、シュターフェンハーゲンの妻アグネスとは親しい友人同士だった。

子女[編集]

  • ハインリヒ32世(1878年 - 1935年) 
  • ハインリヒ33世(1879年 - 1942年) 
  • ヨハンナ(1882年 - 1883年)
  • ゾフィー(1884年 - 1968年) - 1909年、ロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ34世と結婚
  • ハインリヒ35世(1887年 - 1936年)

参考文献[編集]

  • Wolfgang Stribrny: Bismarck und die deutsche Politik nach seiner Entlassung: (1890-1898), Schöningh, 1977, S. 122
  • Paul Lehfeldt, Georg Voss: Grossherzogthum Sachsen-Weimar-Eisenach, G. Fischer, 1917