マリー・スミス・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・スミス・ジョーンズ
Marie Smith Jones
生誕 1918年5月14日
USAアラスカ州
死没 2008年1月21日(89歳)
USAアンカレッジ
職業 イヤック語最後の話者
配偶者 ウィリアム・F・スミス
テンプレートを表示
アラスカ州 コルドバ

マリー・スミス・ジョーンズ(Marie Smith Jones, 1918年5月14日 - 2008年1月21日)は、アラスカ中南部でかつて話されていたイヤック語の最後の話者[1][2]。ジョーンズの死去により、イヤック語は死語となった。

ジョーンズは1918年5月、アラスカ州コルドバで生まれた。彼女は最後の純血のイヤック族でもあり、イヤック族の名誉首長であった。2005年のインタビューで彼女が語ったところによれば、ジョーンズの本来の名前は「Udach' Kuqax*a'a'ch」。これは「遠くから人々を呼ぶ声」という意味のイヤック語である[3]

ジョーンズは1948年5月5日に漁師ウィリアム・F・スミスと結婚し、9人の子供を産んだが、子供たちはイヤック語を学ばなかった。彼女は1970年代アンカレッジへ引っ越した。そしてイヤック語の記録を残すため、彼女は言語学者のマイケル・クラウスと仕事をし、クラウスはイヤック語の辞書と文法書を完成させた。彼女の最後の兄は1990年代に亡くなっている。

その後、ジョーンズは政治に関して活発になり、国連で二度、平和と固有言語の問題について演説した。また、インドの環境問題についても活動した。若い頃、彼女はアルコール中毒で苦しんだが、50年代初頭に酒をやめた[1]。しかし、亡くなるまでヘビースモーカーだった[4]

2008年1月、彼女はアンカレッジの自宅で天寿を全うした。89歳だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Mary Pemberton, "Last full-blooded Eyak and fluent speaker of Native language dies", Associated Press (Anchorage Daily News), January 22, 2008.
  2. ^ Eyakを発音記号であらわすと、"EE-yak"となる。 Ref したがって、「イヤック」と表記した。
  3. ^ Elizabeth Kolbert, "Last Words", The New Yorker, June 6, 2005.
  4. ^ "Last Alaska language speaker dies", BBC News, January 24, 2008.

外部リンク[編集]