マリア・クリスティーナ・フォン・ザクセン (1770-1851)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリニャーノ公妃マリア・クリスティーナ

マリア・クリスティーナ・アルベルティーナ・カロリーナ・フォン・ザクセンドイツ語:Maria Christina Albertina Carolina von Sachsen, 1770年12月7日 - 1851年11月24日)は、サルデーニャ王家サヴォイア家傍系のカリニャーノ公カルロ・エマヌエーレの妃。サルデーニャ王カルロ・アルベルトの母。イタリア語名はマリーア・クリスティーナ・ディ・サッソニア(Maria Cristina di Sassonia)。

かつてクールラント公国の統治者を務めたザクセン公子カールポーランド王ザクセン選帝侯アウグスト3世の五男)と、ポーランド貴族の娘フランチシュカ・クラシンスカ (pl:Franciszka Krasińska伯爵夫人との間に生まれた。両親の結婚は貴賤結婚であったが、母フランチシュカが1775年に神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世から侯妃の称号を授かったことで、帳尻が合わせられた。

マリア・クリスティーナは1797年、トリノで第6代カリニャーノ公カルロ・エマヌエーレと結婚し、間に2人の子供をもうけた。

  1. カルロ・アルベルト(1798年 - 1849年) 第7代カリニャーノ公、のちサルデーニャ王
  2. マリーア・エリザベッタ(1800年 - 1856年) オーストリア大公ライナー・ヨーゼフと結婚

結婚から3年後の1800年、夫カルロ・エマヌエーレは同盟者であるフランス共和国を裏切ったとしてフランス当局に逮捕され、パリで獄死した。マリア・クリスティーナはその16年後の1816年、フランスのモンレアル公爵ジュール・マクシミリアン(1787年 - 1865年)と再婚した。この再婚では子供は生まれなかった。マリア・クリスティーナは1851年、パリで世を去った。80歳だった。