マックス・ヴァインライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マックス・ヴァインライヒMax Weinreich, Макс Вайнрайх, 1893年/1894年 ロシア帝国クールラント県ゴールディンゲン Goldingen (現ラトビアクルディーガ Kuldīga) - 1969年 ニューヨーク市)は、クールラント出身のユダヤ教徒イディッシュ語学・言語学者。 高名な言語学者ウリエル・ヴァインライヒの父でもある。

1925年ヴィルナイディッシュ科学研究所yidišer visnšaftlikher institut(ドイツ語 Jiddischer(Jüdischer) Wissenschaftlicher Institut), Yiddish Scientific Institute, 略称 YIVO)設立の参加者の一人である。

これは現在、YIVOユダヤ調査研究所イーヴォ・ユダヤ研究所YIVO Institute for Jewish Research としてよく知られている。

1925年から1939年まで指導的立場にあった。1940年ナチスによる蛮行を避けニューヨークに移住、研究所も移転した。

ニューヨーク市立大学でイディッシュ語講座を担当し、今日のイディッシュ語学・研究の基礎に繋がっていった。

3つのイディッシュ文化研究所[編集]

ポーランド・リトアニア地域においては、1920年代になり、イディッシュ語・イディッシュ文化全般の研究に従事するための機関が3つ設けられた。 その3つとは、ウクライナキエフウクライナ科学アカデミー(Ukrainian Academy of Sciences)のユダヤ教徒部門、ミンスクベラルーシ科学アカデミー(Belorussian Academy of Sciences)のユダヤ教徒部門、そしてもっとも有名なものが、ヴィルナのイディッシュ科学研究所であった。

これらの機関は、イディッシュ語言語学に関して言えば、言語調査と資料の収集、そして言語地図作成、辞書編集、研究誌の発行を行った。 しかし、現在も機能しているのは YIVO のみである。

1930年代後期から1940年代初めの西欧では、イディッシュ以後・文化研究はされなくなってしまった。 1940年、YIVOのニューヨーク移転と共に、イディッシュ文化の研究は逆にアメリカ合衆国となった(そして、ヨーロッパに残ったユダヤ教徒は虐殺され、イディッシュ文化も壊滅していく)。

マックス・ヴァインライヒは、「言語」と「方言」に境界線を引くための指標としてしばしば引用される警句、「言語とは、陸軍と海軍を持つ方言のことである」("אַ שפּראַך איז אַ דיאַלעקט מיט אַן אַרמיי און פֿלאָט" "a shprakh iz a dialekt mit an armey un flot")の作者としてよく引用されるが、実際はユベール・リョテ Hubert Lyautey のものともされる[1]

著作[編集]

  • "Studien zur Geschichte und dialektischen Gliederung der jiddischen Sprache"
  • "Di geshikhte fun der yidisher shprakh"「イディッシュ語の歴史」 (4巻本:ニューヨーク、1973年)

参考資料[編集]

  • 「言語学大事典」
  • 「イディッシュの民話」(青土社

脚注[編集]

  1. ^ Max Weinreich, der yivo un di problemen fun undzer tsayt(「YIVOと、現代における問題」)、(ユダヤ学研究所月報 yivo bletter, January-July) 1945年、p.13

外部リンク[編集]