マイケル・ヤング (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ヤングの墓碑

マイケル・ヤング、ダーティントン男爵ヤングMichael Young, Baron Young of Dartington, 1915年8月9日 - 2002年1月14日)はイギリス社会学者、社会活動家、政治家である。活動的な人生の期間の間に、社会に有用な組織を多く設立、もしくは設立を支援した。これらの組織には消費者組合、消費者委員会、オープン ユニバーシティ、電話通訳会社のランゲージラインなどが含まれる。

ヤングの父はオーストラリアヴァイオリニストであり音楽批評家で、母はボヘミアンの画家であり女優であった。ヤングはマンチェスターで生まれ、8歳までメルボルンで育ち、両親の結婚が破局する少し前にイングランドに戻った。1920年代、彼はいくつかの学校に通い、最終的にはデヴォン州の進歩的な学校であるダーティントン・ホールに入学した。この学校とは後に管財人、副議長、歴史学者として長い関わりを持つことになった。彼はロンドン大学経済学を学び弁護士の資格を取得した。

労働党の若手リサーチディレクターとして一人で労働党の1945年のマニフェストを書き、クレメント・アトリーに率いられた労働党が政権の座を獲得する一助を担った。1950年にポストを辞職し、1952年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士課程の研究を始めた。彼は東ロンドンにおける住居と地方公共団体の政策を研究したが、州のコミュニティと労働党の評議員の関係に幻滅した。このことによって彼はインスティチュート オブ コミュニティ スタディーズという都市研究のためのシンクタンクを設立することに駆り立てられた。インスティチュート・オブ・コミュニティ・スタディーズは社会改革のアイディアの探求と60以上の施設・機関を作るためのヤングの重要な手段となった。インスティチュートの基本的な信条は人々により生活と施設の運営に関してより多くの発言権を与えることであった。

ピーター・ウィルモットと共著で「Family and Kinship in East London 」(東ロンドンにおける家族と親類関係)を書いた。また1958年に風刺小説「The Rise Of The Meritocracy」(邦訳 伊藤 慎一訳 メリトクラシーの法則)を書き社会に大きな影響を与えた。元々はフェビアン協会のために書かれた本であったが出版するのを拒否された経緯があった。この本によって労働党は機会の平等に対する考え方を改め、メリトクラシーという言葉が作られた。同じ時期に消費者組合, 消費者委員会とオープン・ユニバーシティにも取り組み始めた。ヤングは若い研究者の多くの研究を盛り上げ、社会起業家を育成した。前者においては医療における社会学の研究のコレクションとなった。様々なマイケル ヤングが立ち上げたいくつかの施設は後にトニー・ブレアの政策アドバイザーとなるジェフ・マルガンの指導の元でヤング財団として統合された。

彼の全人生、特に後半の人生において、高齢者と社会が担うべきことについて関心を抱いていた。ユニバーシティ・オブ・ザ・サード・エイジと関連施設を共同設立した。そこでは孫のいない高齢者、祖父母のいない若者が集められた。

ヤングは3回結婚した。1945年、彼はジョアン・ロートンと最初の結婚をして2人の息子と1人の娘を授かり、その後離婚をした。1960年に小説家で画家と彫刻家でもあるサーシャ・ムーアサムと2回目の結婚をして一人の息子と一人の娘を授かった。夫婦は南アフリカのタウンシップなどいくつのプロジェクトで共同作業をした。キャスターとして有名なトービー・ヤングはヤングとムーアサムとの間に生まれた息子で、「How To Lose Friends and Alienate People」の著者としても知られる。1993年にサーシャが亡くなった後、ドリト・ウーレンマンと3回目の結婚をして一人の娘を授かった。

外部リンク[編集]