ポール・ヴィリリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・ヴィリリオ(Paul Virilio, 1932年1月4日 - )は、フランス思想家都市計画家

パリ生まれ。速度術(ドロモロジー)を鍵概念として、テクノロジーメディアの発展によって、人間の知覚行動がどのように変容していくのかを分析している。しかし、速度加速度の概念を取り違えた論文が散見される。

アラン・ソーカルらによって、数学・科学用語を不適切に使用した論文であるとの批判を受ける(→ソーカル事件参照)

略歴[編集]

1932年パリ生まれ。父親はイタリア系で共産主義者。母親はブルトン系でカトリック教徒。戦時中ナントに疎開。第二次世界大戦後はパリの工芸学校に進学のかたわら聴講生としてソルボンヌ大学でのウラジミール・ジャンケレヴィッチやレイモンド・アロンの哲学などの講義を受講していた。 その後、アルジェリア戦争に召集もされ除隊後、絵画やステンドグラスの作家として出発。 1958年から大西洋の壁掩体壕といった戦争遺産などの調査研究を開始。1960年代から建築と都市計画業も開始し、聖ベルナデッタ教会を(ヌヴェール、クロード・ペアレントらと)1966年に、トムソン・ヒューストンの航空宇宙研究センター(ヴェリジー=ヴィラクブレー)などを1969年に手がける。1969年からパリ建築学校ESA(Ecole Speciale d’Architecture)で教鞭をとる(その後同校校長もつとめる)。

1975年の『トーチカの考古学』(Bunker Arch´eologie)から本格的な執筆活動を始める。1987年、フランス設備住宅省と国土整備省、運輸の三省から著作活動に対して批評家国民賞を授与。

邦訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦争と映画――知覚の兵站術』(ユー・ピー・ユー, 1988年/平凡社[平凡社ライブラリー], 1999年)
  • 『速度と政治――地政学から時政学へ』(平凡社, 1989年/平凡社ライブラリー, 2001年)
  • 『電脳世界――最悪のシナリオへの対応』(産業図書, 1998年)
  • 『情報化爆弾』(産業図書, 1999年)
  • 『幻滅への戦略――グローバル情報支配と警察化する戦争』(青土社, 2000年)
  • 『情報エネルギー化社会――現実空間の解体と速度が作り出す空間』(新評論, 2002年)
  • 『瞬間の君臨――リアルタイム世界の構造と人間社会の行方』(新評論, 2003年)
  • 『ネガティヴ・ホライズン――速度と知覚の変容』(産業図書, 2003年)
  • 『自殺へ向かう世界』(NTT出版, 2003年)
  • 『アクシデント――事故と文明』(青土社, 2006年)
  • 『民衆防衛とエコロジー闘争』(月曜社, 2007年)
  • 『パニック都市――メトロポリティクスとテロリズム』(平凡社, 2007年)

共著[編集]

  • (S・ロトランジェ)『純粋戦争』(ユー・ピー・ユー, 1987年)

関連項目[編集]