ポール・トゥヴィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・トゥヴィエPaul Touvier1915年4月3日 - 1996年7月17日)は、フランスナチス協力者。第二次世界大戦後、人道に対する犯罪に問われた。

アルプ=ド=オート=プロヴァンス県サン=ヴァンサン=シュル=ジャブロン英語版で生まれた。第二次世界大戦中の占領下のフランスで、ヴィシー政権に協力し民兵団に参加した。ユダヤ人やレジスタンス運動を弾圧し「リヨンの処刑人」と呼ばれた。

戦後、欠席裁判のまま死刑判決を受けたが逃亡し、死亡を装うため自身の死亡広告を新聞誌上に出した。

捜査当局は、戦後一貫して捜査を続け、早くからカトリック施設での潜伏を疑っていたが、その矢先の1971年リヨン大司教の圧力に屈した当時のジョルジュ・ポンピドゥー大統領の恩赦により捜査が打ち切られようとした。

しかし、住民運動により恩赦は沙汰やみとなり、1985年協力を渋るカトリック教会リヨン大司教区内の修道院に、捜査員を潜入させカトリックの極右組織聖ピオ十世会の「ノートルダムの騎士団」に属していることを突き止め、1985年ニースの修道院内で人道罪で逮捕された。

1994年、無期刑が確定。1996年、フレンヌ刑務所で死亡。

関連項目[編集]