ポリフッ化ビニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリフッ化ビニル(ポリフッかビニル、: Polyvinyl fluoride、略称PVF)は汎用フッ素樹脂の一種。

性質[編集]

Polyvinylfluorid.svg

–(CH2CHF)n–のようにフッ化ビニル重合したもので、構造はポリ塩化ビニルに似る。熱可塑性を持ち、耐燃性・耐侯性・染色性に優れる。蒸気透過性は低い。ケトン類・エステル類を除き耐薬品性がある。

用途[編集]

航空機の内装材や、太陽電池のバックシート[1][2]レインコートホワイトボードの表面材などとして幅広く利用される。コーティング用樹脂として、様々な色のフィルムや製剤として市販されている。加熱により変質するため、通常は射出成形されることは少なく、主にフィルムの形で利用される。

関連化合物[編集]

脚注[編集]