ボローニャ復元映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボローニャ復元映画祭
会場 イタリアの旗 イタリア エミリア=ロマーニャ州ボローニャ県ボローニャ
創立 1986年 ボローニャ
主催者 チネテカ・ディ・ボローニャ
言語 イタリアの旗 イタリア語
イギリスの旗 英語
公式サイト

ボローニャ復元映画祭(ボローニャふくげんえいがさい、イタリア語: Il Cinema Ritrovato, 「再発見された映画」の意)は、イタリアボローニャで開かれる、希少かつ知られざる作品の発掘、ならびにサイレント映画を対象とする映画祭である。日本では表題の名称で呼ばれている[1][2]

略歴・概要[編集]

本映画祭は、1986年(昭和61年)の第1回以来、イタリアのエミリア=ロマーニャ州ボローニャ県ボローニャで、毎年夏に行われている。主催は同市のシネマテークであるチネテカ・ディ・ボローニャ

2004年(平成16年)からは「復元映画祭DVD賞」Cinema Ritrovato DVD Awards を設け、世界中のビデオグラム・メーカーの製品を対象に、1年間でもっとも価値ある発掘・復元を行なったものに授与している[3]

早稲田大学小松弘教授によるプロジェクトが中国での発掘作業の際に発見した、ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の失われた映画『女の一生The Case of Lena Smith の4分のフィルム断片は、2003年(平成15年)のポルデノーネ無声映画祭[4]、および2008年(平成20年)の本映画祭でのスタンバーグ特集で上映された[1][5]

現在の本映画祭の芸術ディレクターは、フィンランド出身の映画史家ペーター・フォン・バックである[6]

おもな受賞作[編集]

「復元映画祭DVD賞」受賞作の一覧である[3]。他賞は省略した。

  1. 2004年 : 「ピエル・パオロ・パゾリーニの60年代」(ピエル・パオロ・パゾリーニ、3枚組、カルロッタ・フィルム、フランスの旗 フランス
  2. 2005年 : アレクサンドル・メドヴェドキン幸福』+クリス・マルケルアレクサンドルの墓』(2枚組、アルテ、フランスの旗 フランス
  3. 2006年 : ジガ・ヴェルトフ熱狂』(2枚組、オーストリア映画博物館、オーストリアの旗 オーストリア
  4. 2007年 : 「エルンスト・ルビッチ・コレクション」(エルンスト・ルビッチ、6枚組、トランジット・フィルム / ムルナウ・スティッフトゥンク、ドイツの旗 ドイツ
  5. 2008年 : マルセル・レルビエ』(カルロッタ・フィルム、フランスの旗 フランス)、ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト三文オペラ』(クライテリオン・コレクション、アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  6. 2009年 : 「ヨリス・イヴェンス全集」(ヨリス・イヴェンス、ヨリス・イヴェンス欧州基金、オランダの旗 オランダ
  7. 2010年 : 「スタン・ブラッケージ・アンソロジー第2巻」(スタン・ブラッケージ、クライテリオン・コレクション、アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b 年間活動報告 アーカイブ構築研究 (映像) 2004年早稲田大学、2010年10月13日閲覧。
  2. ^ メルマガFPS Vol.63, 映画保存協会、2010年10月13日閲覧。
  3. ^ a b Il Cinema Ritrovato DVD Awards 2004-2009 (イタリア語) / (英語), ボローニャ復元映画祭、2010年10月13日閲覧。
  4. ^ Fuori quadro 2003 (イタリア語), ポルデノーネ無声映画祭、2010年10月13日閲覧。
  5. ^ catalogo 2008 (イタリア語), ボローニャ復元映画祭、2010年10月13日閲覧。
  6. ^ Foreword 2010 (英語), ボローニャ復元映画祭、2010年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]