ボタフォゴFC (パライバ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボタフォゴ
原語表記 Botafogo Futebol Clube
愛称 Belo
クラブカラー 黒・白
創設年 1931年
所属リーグ カンピオナート・ブラジレイロ
所属ディビジョン セリエC
ホームタウン ジョアンペソア
ホームスタジアム アウメイドン
収容人数 45,000
代表者 Nelson Lira
監督 Marcelo Vilar
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ボタフォゴFC(Botafogo Futebol Clube)は、ブラジルパライバ州ジョアンペソアにホームを置くサッカークラブである。通称ボタフォゴ(Botafogo)またはボタフォゴ・ダ・パライバ(Botafogo da Paraíba)。

ホームスタジアムは最大40,000人収容可能な通称アウメイドン(Almeidão)ことエスタジオ・ジョゼ・アメリコ・デ・アウメイダ・フィリョ。[1]

クラブのロゴはリオデジャネイロのボタフォゴに影響されたものだが、中央の星の色は白から赤になっている。これは1976年にラジオアナウンサーのイヴァン・トマスが、クラブロゴをパライバ州の州旗と同じ赤と黒とすることを決めたためである。

サッカーのほかにフットサル[2]バスケットボール[3]部門も保有する。主なライバルクラブはトレーゼカンピネンセアウト・エスポルテである。[4]

歴史[編集]

1931年9月28日、ジョアンペソアのクリスト・レデントール地区で創設される。[5]創設者のベラウド・デ・オリヴェイラ、マノエウ・フェイトーザ、リヴォネテ・ペソア、ジョゼ・デ・メロ、エジソン・デ・モウラ・マシャド、エノック・リンスは全員リオデジャネイロボタフォゴのサポーターだった。[6]クラブの初代会長にはベラウド・デ・オリヴェイラが選ばれた。[7]1932年のリーガ・スブルバナのサンベント戦(2-2引き分け)が最初の試合となった。[7]

1936年、カンピオナート・パライバーノ(パライバ州選手権)に優勝し、最初のプロタイトルを獲得した。[8]

1976年、ブラジル全国選手権セリエAに初めて参加した。ボタフォゴは2回戦で敗れ、25位となった。[9]1985年、ブラジル全国選手権セリエAで19位となった。これはクラブにとって同大会での最高順位である。[10]

1989年、コパ・ド・ブラジルの第1回大会に参加し、1回戦でクルゼイロに敗れた。[11]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

参考文献[編集]