ボストーク6号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vostok5-6patch.png

ボストーク6号(ボストーク6ごう)は、初めて女性が宇宙へ飛行を行ったソビエトの宇宙ミッションである。乗員はワレンチナ・テレシコワで、宇宙飛行中の女性の体の反応のデータを集めるのが目的だった。他の宇宙飛行士と同じように、彼女は飛行記録をつけ、写真を撮り、宇宙船を操縦した。彼女が撮影した宇宙の日の出の写真は後に大気中のエアロゾル層を調査するのに使用された。2日前に打ち上げられたボストーク5号とはソビエト宇宙プログラムの合同事業として行われた。今回のミッションは、もともと両方に女性が搭乗するはずだったが、ボストーク計画はボスホート計画に引き継がれることが決まったため実現しなかった。ボストーク6号はボストーク3KA機の最後の飛行となった。

報告と長年に渡る噂によると、テレシコワには飛行中、宇宙酔いや酷い月経などの症状が表れたという。ある報告によると、ある時彼女はヒステリー状態になり、無線を通じてセルゲイ・コロリョフに叱られるまで泣き続けたという。しかし結局、彼女はプログラムを完璧にこなした。

2004年、制御プログラムのエラーのため宇宙船が軌道から下降すべき時に上昇してしまっていたことが明らかとなった。テレシコワは飛行の初日にその事態に気づき、コロリョフに報告した。そのミスは適切に直され、彼女は無事に帰還することができた。宇宙船の設計も担当したコロリョフの要請によって、テレシコワはその後30年間その事実を隠した。

後に明らかにしたところによると、テレシコワさんは宇宙船をうまく誘導することができず、降下が始まる直前には通信も途絶えてしまった。管制センターは着陸完了から2時間もの間、テレシコワさんの位置を把握できなかった。救助隊がテレシコワさんをようやく発見した場所は、想定していた地点から数十キロも離れていた[1]

着陸地点はアルタイ地方en:Bayevo西方の農場だった。パラシュートで落下中に強い風が吹いて、テレシコワはもう少しで湖に落下するところだった。再突入時のカプセルは、モスクワ近郊コロリョフにあるRKKエネルギア博物館に展示されている。

またこれはボストーク計画の最後の飛行となった。

メンバー[編集]

発射時刻、着陸時刻[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “女性初の宇宙飛行から50年、ソ連崩壊で明らかになった苦難のミッション”. AFPBB News. (2013年6月17日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2950693/10905466?ctm_campaign=txt_topics 2013年9月16日閲覧。