ボストーク5号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vostok5-6patch.png

ボストーク5号(ボストーク5ごう、Vostok 5、ロシア語: Восток-1)は、ソビエト連邦有人宇宙飛行。1963年6月14日に打ち上げられ、4日と23時間7分で地球を82周した。コールサインはЯстреб(鷹)。

ボストーク3号,4号と同じように、ボストーク5号と6号はソビエト宇宙プログラムの合同事業として行われ、軌道上でランデブーして無線交信を行った。

宇宙飛行士ヴァレリー・ブィコフスキーは当初8日間宇宙に滞在する予定だったが、太陽フレアが活発化したために途中で計画が何度も変更され、5日後に地球に帰還することとなった。しかし、これは現在でも単独での宇宙滞在の最高記録である。

この飛行で、宇宙船内のトイレのシステムの不備が指摘された。また、大気圏再突入時にリエントリーモジュールが計画通りにはずれないという、ボストーク1号2号でも発生した問題も生じた。

この時のリエントリーモジュールは、現在カルーガツィオルコフスキー記念航空宇宙学歴史博物館に展示されている。

メンバー[編集]

発射時刻、着陸時刻[編集]