ヘルベルト・W・フランケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルベルト・W・フランケ

ヘルベルト・W・フランケ(Herbert W. Franke, 1927年5月14日 - )は、オーストリアウィーン生まれの作家。ドイツ語サイエンス・フィクションを発表しているほか、未来学洞穴学コンピュータグラフィックスデジタルアートの分野でも活発に活動している。

フランケはウィーンで、物理学数学化学心理学哲学を学んだ。1950年、理論物理学の博士号を取得。論文テーマは電子光学。1957年からフリーランスの作家として活動している。1973年から1997年にかけてミュンヘン大学で "Kybernetische Ästhetik"(サイバネティック的美学)の講師を務めた(後に コンピュータグラフィックスとコンピュータアート)。1979年、リンツで開催されるアルス・エレクトロニカに主催者の1人として名を連ねた。1979年と1980年には、ビーレフェルト専門大学にて "Einführung in die Wahrnehmungspsychologie"(認知心理学入門)という講義を行った。また、1980年、ドイツのペンクラブのメンバーに選出された。最初に出版された書籍は『Der Grüne Komet』(緑色の彗星)と題したエッセイ集であった。1998年、フランケはオーランドで開催されたSIGGRAPHに参加し、ベルリンでの "VideoMath Festival" Konrad Zuse-Zentrum の審査員も務めた。他にも数々のパフォーマンスやプレゼンテーションに参加している。

ドイツの週刊紙『ディー・ツァイト』は彼を「ドイツの最も優れたサイエンス・フィクション作家」と評した。

妻のズザンネ・ペッヒ (Susanne Päch) も作家である。

作品[編集]

  • 2003年 "Vorstoß in die Unterwelt - Abenteuer Höhlenforschung"(地下世界へのアプローチ - 洞窟研究の冒険)出版
  • 2004年 "Sphinx_2" リリース
  • 2005年 "Cyber City Süd" リリース
  • 2006年 "Auf der Spur des Engels" リリース

以下の4作品が日本語に訳されている。

  • Das Gedankennetz (1961) 『思考の網』松谷健二訳、早川書房、1965年
  • Der Elfenbeinturm (1965) 『象牙の城』松谷健二訳、早川書房、1966年
  • Die Stahlwüste (1962) 『鋼の荒野』松谷健二訳、早川書房、1969年
  • Paradies 3000 In Der Reihe (1981) 『紀元3000年のパラダイス』金森誠訳、三修社、1983年(※短篇集)

外部リンク[編集]