プチトエトワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プチトエトワール
英字表記 Petite Etoile
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1956年
Petition
Star of Iran
母の父 Bois Roussel
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 アリ・カーン
馬主 アリ・カーン
アーガー・ハーン4世
調教師 マーレス
競走成績
生涯成績 19戦14勝
獲得賞金 6万7786 1/4ポンド
テンプレートを表示

プチトエトワール (Petite Etoile) は、イギリス産の競走馬繁殖牝馬

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

プチトエトワールは1958年5月末に競走馬としてデビューした。このレースは2頭立てで、対戦相手のクライス(後に短距離路線で活躍)に8馬身の 着差をつけられて敗れた。その後8月まで3戦し2勝を収めた後歩様に異常が見られるようになったため、陣営は年内の出走を見合せた。

1959年、プチトエトワールはイギリスクラシック前哨戦の一つであるフリーハンデキャップステークスでレースに復帰。このレースを優勝すると、3番人気で臨んだ1000ギニーも優勝した。続いてイギリスクラシック牝馬三冠第2戦のオークスに出走。レース前には血統の面から距離が長すぎることが懸念されたが、レースでは4番手から直線で抜け出し2着馬に3馬身の着差をつけて優勝。イギリスクラシック牝馬二冠を達成した。なお、このレースでのプチトエトワールの走破タイムは前々日に行われたダービーステークスの優勝馬パーシアのタイムを上回るものであった。

オークス優勝後、プチトエトワールはサセックスステークスに出走。この時のレース振りは後方を追走しゴール手前約300mの地点でスパートをかけ優勝するというもので、「他の馬を小バカにしたような」ものであったといわれる。この後プチトエトワールはイギリスクラシック牝馬三冠馬のかかったセントレジャーステークスには出走せず、ヨークシャーオークスチャンピオンステークスに出走し、いずれも優勝した。6戦全勝でシーズンを終えたプチトエトワールは、ジョッキークラブが発表した1959年の3歳フリーハンデで、牡馬を含む全3歳馬でもっとも高い133ポンドという評価を受けた。

1960年は緒戦のビクトリアワイルドステークスを優勝した後、コロネーションカップに出走。同世代のダービーステークス優勝馬パーシアとの対戦に注目が集まったが、競馬記者が表現に苦労するほどの快勝といわれるレース振りで勝利を収めた。続いてキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに出走。序盤は後方に待機し直線でスパートをかける従来通りの戦法をとったがアグレッサーに1/2馬身及ばず2着に敗れた。この敗戦により1958年から続いていたプチトエトワールの連勝は9でストップし、その原因について競馬メディアは、意図的に後方に待機しスパートをかけるタイミングが遅れた主戦騎手レスター・ピゴットの騎乗にあると非難した。一方調教師のマーレスは敗因について、そもそもスタミナが不足していたと述べた。

プチトエトワールは1961年も現役を続行したが、当時イギリスで流行していた馬インフルエンザに罹患し、一度は引退が決定した。しかし引退は撤回され、緒戦のコロネーションステークスを優勝。さらに続くコロネーションカップではプリティーポリーザホワイトナイトに続き史上3頭目となる連覇を達成した。その後プチトエトワールは4戦して2勝2着2回という成績を収め、この年のシーズンを限りに引退した。最後のレースとなったキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでは前年批判を浴びた後方待機策ではなく2番手を進むという戦法がとられたがレース終盤に伸びを欠いた。

繁殖牝馬時代[編集]

繁殖牝馬としてのプチトエトワールは不受胎や死産が続き、生まれた産駒も目立つ成績を上げることができなかった。しかし死後の2008年、7戦7勝で同年の凱旋門賞を制した牝馬ザルカヴァの5代母として注目を集めた。

血統表[編集]

プチトエトワール血統フェアウェイ系 / Gainsborough 4x4=12.50%、 Lady Josephine 4x5=9.38%、 Chaucer 5x5=6.25%、 Carbine 5x5=6.25%)

Petition
1944 青鹿毛 イギリス
Fair Trial
1932 栗毛 イギリス
Fairway Phalaris
Scapa Flow
Lady Juror Son-in-law
Lady Josephine
Art Paper
1933 青鹿毛 イギリス
Artists Proof Gainsborough
Clear Evidence
Quire Fairy King
Queen Carbine

Star of Iran
1949 芦毛 イギリス
Bois Roussel
1935 青鹿毛 フランス
Vatout Prince Chimay
Vashti
Plucky Liege Spearmint
Concertina
Mah Iran
1939 芦毛 イギリス
Bahram Blandford
Friar's Daughter
Mah Mahal Gainsborough
Mumtaz Mahal F-No.9-c

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]