プスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プスタのつるべ井戸

プスタpuszta [ˈpustɒ])は、ドナウ川の中流域に広がる平原で、その大部分をハンガリー領有し、スロヴァキアセルビアヴォイヴォディナ)、スロヴェニアオーストリアの一部にも広がる。ハンガリー随一の穀倉地帯で、小麦ヒマワリなどが栽培されている。元々は広大な森林地帯が広がっていたが、ハンガリーがオスマン帝国に領有されていた時代に木々が伐採され、湿地帯と化し、洪水が絶えなかった。そのため、河川を改良したことで、結果的に乾いた大地へと変貌した。ハンガリーの東部では、ホルトバージ国立公園などのように国立公園に指定されている場所もある。

関連項目[編集]