ブー・ラドリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ブー・ラドリーズ
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
リヴァプール
ジャンル オルタナティヴ・ロック
シューゲイザー
ブリットポップ
活動期間 1988年 - 1999年
レーベル クリエイション・レコーズ
ラフ・トレード・レコード
旧メンバー
サイス
マーティン・カー
ティモシー・ブラウン
スティーヴ・ヒューイット
ロブ・シーカ

ザ・ブー・ラドリーズ(The Boo Radleys)は、イギリスリヴァプール出身のロックバンド

来歴[編集]

1988年結成。1990年に地元のインディーレーベルから、ミニアルバム『イカボッド・アンド・アイ』を発表しデビュー。プレスからはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどを中心とした当時のシューゲイザー・バンドのひとつとみなされていた。このアルバム発表後、ドラムのスティーヴ・ヒューイットが脱退(後にプラシーボに加入)、後任にロブ・シーカが加入。

クリエイション・レコーズと契約し、1992年に初のフルアルバム『エブリシング・オールライト・フォーエバー』をリリース。続く1993年の『ジャイアント・ステップス』(ジョン・コルトレーンの同名アルバムが由来)では、レゲエやハウス、フォーキーなサウンドを取り入れ、NMEのアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど高い評価を得る。セールス的にも全英17位とブレイクの兆しを見せる。

1995年には、シングル「ウェイク・アップ・ブー!」がトップ10ヒットとなり、ブリットポップの幕開けを告げた。 同年発表の『ウェイク・アップ!』では、ハーモニーやホーン・セクションをも導入し、リヴァプールの伝統を感じさせるポップ・サウンドへと方向転換。これが功を奏し、アルバムは全英1位を獲得。

1996年、『カモン・キッズ』を発表するも、全英20位と失速。1998年のラスト・アルバム『キングサイズ』では、ブレイクビーツを取り入れるなど新たな一面を見せたものの、かつてのような評価を得ることなく全英62位に沈み、翌年突然の解散を発表した。

ウェイク・アップ・ブー![編集]

  • 彼らの代表曲「ウェイク・アップ・ブー!」は、「史上もっとも気分が良くなる曲」として認定されるなど、バンド以上に知名度の高い曲である[1]。イントロの部分が番組のBGMとして使われることが多く、「きよしとこの夜」のテーマソングとしても使用されていた。

出典[編集]

外部リンク[編集]