ブレダル・セイコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレダル・セイコ
Bledar Sejko
基本情報
出身地 アルバニアの旗 アルバニア
ジャンル ロック
担当楽器 ギター
活動期間 1989年[1] -
共同作業者 Zemrat e çdo moshe
Thunder Way
アドリアン・ルルジュライ

アブレダル・セイコアルバニア語: Bledar Sejko)は、アルバニアギタリストである。2012年12月22日に開催されたフェスティヴァリ・イ・ケンゲス英語版2012の決勝戦にてアドリアン・ルルジュライとの共演曲「Identitet」が優勝を果たし、2013年5月にスウェーデンマルメで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2013アルバニア代表となることが決まった[2]

来歴[編集]

初めてテレビに出たのは、1989年にヴェーラ・グラボツカ英語版司会を務めるテレビ番組でのことであった。セイコらのバンド「Zemrat e çdo moshe」は同年12月にピロ・チャコ英語版の後押しをうけてフェスティヴァリ・イ・ケンゲス英語版に参加、チャコ製作の楽曲「Jemi zemrat e çdo moshe」をパフォーマンスして2位入賞となった。1992年から1995年までバンド「Thunder Way」に属し、各地でコンサートをするなど大きな成功を収める。しかしその後アルバニアの経済混乱などの影響を受けてイタリアに移住して数年を過ごす。2005年から2006年まで、および2008年から2010年までの間、「Top Show」のオーケストラを率い、900を超える楽曲の演奏を担当した[1]。2011年にはユーロビジョン・ソング・コンテスト2011アルバニア代表アウレラ・ガチェのバックトラック奏者として舞台に立った。

脚注[編集]

  1. ^ a b Berni Moli (2011年8月16日). “Bledar Sejko: “Dua të rikthej këngët e “Thunder Way” në një koncert recital””. Vipat Shqiptare. 2012年12月23日閲覧。
  2. ^ Gafurr Sahiti (2012年12月22日). “Adrian Lulgjuraj & Bledar Sejko to represent Albania in Malmö” (English). ESCToday. 2012年12月23日閲覧。