ブリーズ・キャロライナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Breathe Carolina
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州デンバー
ジャンル エレクトロ・ポップ
ポスト・ハードコア
クランクコア
活動期間 2007年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Columbia (2011-現在)
アメリカ合衆国の旗Fearless (2009-現在)
アメリカ合衆国の旗Rise (2008-2009)
日本の旗Triple vision
公式サイト Official Site
メンバー
デイヴィッド・シュミット

ブリーズ・キャロライナBreathe Carolina )とは、アメリカ合衆国ポスト・ハードコアバンドである。

シンセサイザーを多用した「クランク」系のダンスミュージックを基軸に、所々に絶叫を織り交ぜた新世代サウンドが特徴。アメリカでは「クランクコア」に分類される事も多い。

現在のメンバー[編集]

  • デイヴィッド・シュミット / David Schmitt - (ベース/クリーンヴォーカル)
生年月日:1988年3月25日(26歳)

ライヴ・メンバー[編集]

  • ジョシュア・アンドリュー / Joshua Andrew - (ギター/ショルダーキーボード)
  • ルイス・ボーネット / Luis Bonet - (シンセサイザー)
  • エリック・アルメンタ / Eric Armenta - (ドラム)

旧メンバー[編集]

  • ジョーイ・ウィルソン / Joey Wilson
A Skylit Driveのギタリスト。
  • カイル・イーヴン / Kyle Even - (ギター/シンセサイザー/スクリーム)
生年月日:1985年9月21日(29歳)

略歴[編集]

It's Classy, Not Classic[編集]

2007年結成。結成最初はMySpaceでのアップロードを中心に活動。その後、自主制作でミニアルバム「Gossip」をリリースした後にRise recordsと契約を結ぶ。

2008年にはデビューアルバム『It's Classy, Not Classic』をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場186位を記録。電子音が飛び交うエレクトロニックサウンドに、絶妙なタイミングで絶叫を織り交ぜた、新スタイルのダンスミュージックが特徴。

Hello Fascination[編集]

2009年には、大手のFearless recordsへと移籍。

2009年8月18日、2ndアルバム『Hello Fascination』をリリース。全米アルバムチャートで、前作を大幅に上回る、初登場43位を記録した。プロデューサーには、パニック・アット・ザ・ディスコ等を手掛けた「マット・スクワイア」を起用している。

Hell Is What You Make It[編集]

2011年7月12日、3rdアルバム『Hell Is What You Make It』をリリース。今作でも同様に、「マット・スクワイア」とタッグを組んでいるが、プレイン・ホワイト・ティーズのヒット曲等を手掛けた敏腕プロデューサー「イアン・カークパトリック」も起用しており、前作以上にポップでダンス・ミュージック寄りな作風となっている。各所にダブステップなどの新しい要素もふんだんに盛り込まれ、その結果、よりメインストリーム寄りのサウンドになっている。このアルバムからのシングル「Blackout」は、全米シングルチャートにて最高32位まで上昇するヒットを記録しており、彼らの最大のヒット曲である。また、各批評家からも前向きな評判を得ており、オールミュージックでは「彼らの過去のどの作品よりも、パワフルな作品だ」と評価されている。

その後、2011年12月にメジャーレーベルのコロムビア・レコードへ移籍を発表。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位
2008年9月16日
It's Classy, Not Classic
Rise
186位
2009年8月18日
Hello Fascination
Fearless
43位
2011年7月12日
Hell Is What You Make It
Fearless
42位
2014年4月15日
Savages
Fearless
22位

EP[編集]

  • Gossip (2007)
  • Blackout: The Remixes (2011)

外部リンク[編集]

脚注[編集]