ブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリティッシュミッドランド航空 92便
概要
日付 1989年1月8日
原因 エンジン破損、パイロットエラー
場所 イギリスの旗 イギリスイーストミッドランズ空港近く
死者 47
負傷者 79
航空機
機体 ボーイング737-400
運用者 Flag of the United Kingdom.svgブリティッシュミッドランド航空
機体記号 G-OBME
乗客数 118
乗員数 8
生存者 79
テンプレートを表示

ブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故(ブリティッシュミッドランドこうくう92びん ふじちゃくじこ)とは、イギリス航空会社であるブリティッシュミッドランド航空(現・bmi)所属のボーイング737-400型機が不時着した事故である。事故現場近くの村の名前をとって、ケグウォース事故 (Kegworth air disaster) とも呼ばれる。

事故の概要[編集]

1989年1月8日、ヒースロー空港を19時52分 (UTC) に離陸したブリティッシュミッドランド航空92便(ボーイング737-400型、機体記号:G-OBME)はベルファスト国際空港に向けて飛行を開始したが、20時5分頃、高度28,300フィート(約8,600メートル)の地点で第1エンジン(左舷)のファンブレードのアウターパネルが外れた。機体が振動しはじめ、操縦室内に煙と臭気が充満した。コックピット内の第1エンジンの各種パラメータ表示も滅茶苦茶になった。

クルーらは第2エンジン(右舷)が損傷したと思い込みスロットルを戻して停止させた。第2エンジンを止めたことで、第1エンジンの振動もいくぶんか収まったため、クルーらはその処置が正しかったと確信してしまった。その後第1エンジンはしばらくの間は正常に動作しているようにみえた。

直ちに緊急着陸先として最寄りのイーストミッドランド空港に向かい、着陸態勢に入ったが、滑走路端から2.4海里の地点で第1エンジンが火災警報とともに再び激しく振動しはじめ、出力が急に低下した。第2エンジンを再始動しようと試みたがうまくいかなかった。

衝突の10秒前に機長は機内放送で「不時着に備えてください!(PREPARE FOR CRUSH LANDING)」と2度繰り返した。機体ははじめ、空港から900メートルの地点にあるM1高速道路の東側土手に衝突し、さらにその先の西側土手の斜面に激しく衝突した。直ぐに消防隊が駆けつけ燃料への引火は阻止できたが、不時着時の衝撃で39名が死亡。その後病院に搬送された8名が死亡し犠牲者は計47名となった。

事故の原因[編集]

事故後の調査では、最初の異常振動発生時に火を噴いているのを乗客が目撃していた左側エンジンが、墜落前には既に破損していたことが確認された。次にボイスレコーダからパイロットが故障と判断して停止させた右側エンジンが調査されたが、墜落前の損傷は発見されず、健全な状態だったことが判明した。

ボーイング737-400型機のCFM56-3エンジン

その結果、明らかになった事故過程は、まず左側エンジン前部のファンブレードが破損、バランスが崩れて振動を発生し、破片がエンジン本体を損傷させた。ファンの回転数が低下したのを検知したエンジンへの燃料供給を自動で調節するオートスロットル機構は左エンジンへの燃料供給を増加。燃料の過剰供給により後方に火を噴き、乗客がその炎を目撃している。

パイロットは異臭からエンジンが発火し空調に煙が流れ込んでいると判断、その際に機長は副操縦士に対して、どちらのエンジンかを尋ねたところ、副操縦士は「それは ひだ… いや右です(It's the le… It's the right one)」と答えている。事故後の聴取で副操縦士は、何を見てどう考えてこのように回答したのかは覚えていないという。機長も「737型の空調は右エンジンのみに接続されている」としてその判断を支持したが、実際には改良型である737-400型では空調は両方のエンジンに接続されるよう設計変更されていた。

直ちに第2(右)エンジンのスロットルが戻され、その結果激しい振動は収まった。機長は「すべて正常のようだな」と発言し、副操縦士も「安定したようです。煙が少し残っていますが」と答えている。ただしこの時、機長および副操縦士の両方が見ることのできる第1エンジンの振動計の表示は最大限に振り切った状態だった。

機長の機内アナウンスで右エンジンの停止を知らされた乗客は、左エンジンの発火を目撃していたので不審に思ったが、パイロットが判断ミスをするとは考えられず、異議を唱えることは無かった(キャビン後方には3名の客室乗務員もおり、左エンジンからの炎も目撃していたが、機長の機内アナウンスのなかで「右」のエンジンを特定するような発言があったかどうかの記憶がないと証言している)。

その後、パイロットは着陸前に機体コンディションの再チェックを実施したが、不幸にもその最中に管制官から連絡が入ったためチェックは中止され最後のチャンスは失われた。そして着陸の際、左エンジンの出力を増加させたため異常振動と火災が再発しエンジンの破損が進み推力を喪失。パイロットは右エンジンの再始動を試みるも速度不足のため失敗。墜落にいたった。

ボーイング737-400型は1年前に就航したばかりの最新型だった。パイロットは正副両名とも経験豊かだったが、この型の操縦経験はそれぞれ23時間と53時間しかなくエンジン関係のシミュレータは未経験だった。

飛行停止処分[編集]

事故の5か月後、ボーイング737-400型は世界各国で飛行停止の処分を受けた。ファンブレードが破損する事故が2件発生したためである。その後の調査で737-400型のエンジンであるCFM56-3には設計上の欠陥があり、空気の薄い高度7600m以上で推力を最大にするとファンブレードの異常振動が発生し破損する可能性が発見された。また、このエンジンは飛行試験が実施されていなかった事も判明した。当時、飛行試験は義務化されていなかったのである。

この事故の教訓からCFM56-3エンジンの改良や飛行試験の義務化、パイロットのシミュレータ訓練の徹底、異常時の乗客とのコミュニケーションの改善などが行われた。

映像化[編集]

ナショナルジオグラフィックチャンネル衝撃の瞬間3:第3話「高速道路への墜落」

関連項目[編集]