ブラワヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラワヨ
Bulawayo
Bulawayo-rhodes-c1925.jpg
Statue of Cecil John Rhodes, Bulawayo c1925.
Flag of Bulawayo.svg Bulawayo Zimbabwe COA.svg
市旗 市章
愛称 : 'City of Kings', 'Skies', 'Bluez' or 'Bulliesberg'
標語 : "Si Ye Pambili"
位置
ジンバブエ内のブラワヨの位置の位置図
ジンバブエ内のブラワヨの位置
座標 : 南緯20度10分12秒 東経28度34分48秒 / 南緯20.17000度 東経28.58000度 / -20.17000; 28.58000
歴史
建設  1893年
行政
ジンバブエの旗 ジンバブエ
  ブラワヨ市
 市 ブラワヨ
市長 Japhet Ndabeni Ncube
地理
面積  
  市域 479km2
標高 1,358m
人口
人口 (2005年現在)
  市域 676,000人
その他
等時帯 中央アフリカ時間UTC+2

ブラワヨBulawayo)は、ジンバブエ南西部にある都市。人口676,000人の大都市で、ジンバブエ第2の都市である。イギリス領時代の旧称はセシル・ローズ 1997年までは北マタベレランド州に属したが、現在は独立した州となっている。少数民族ンデベレ族の中心都市である。ブラワヨとは、ンデベレ語で「虐殺の地」という意味である。

歴史[編集]

1893年、ンデベレ族を破ったイギリスが建設。1894年、ブラワヨとケープ植民地を結ぶ鉄道が開通し、以降ローデシアの中心都市のひとつとなった。

経済[編集]

たばこ鉄鋼など、周辺の農産物や鉱産資源を加工する工業が盛んである。首都ハラレボツワナ南アフリカ共和国ザンビアなど周辺諸国への鉄道も通じている。

市内における慢性的な水不足は、しばしば上水道で給水制限がかかるなど市民経済に影響を与えている[1]

政治[編集]

ロバート・ムガベ大統領に反対する野党勢力が強く、かつてはジョシュア・ンコモ率いる野党ジンバブエ・アフリカ人民同盟愛国戦線の本拠地であった。同党がムガベの与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線に吸収された後も、現在の野党・民主変革運動の支持基盤となっている。

出身有名人[編集]

出典[編集]

  1. ^ “月曜は市民一斉トイレ流し=下水の詰まり防止へ市長―ジンバブエ”. 時事通信社. (2012年9月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012092300018 2012年9月25日閲覧。 

関連項目[編集]

姉妹都市[編集]