ブエノスアイレス大司教区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブエノスアイレス首都司教座聖堂 外観
聖堂内 柱廊
聖堂内 祭壇前

ブエノスアイレス大司教区: Archidioecesis Bonaërensis)はアルゼンチンの首都ブエノスアイレス自治市英語版を管轄区域とするカトリック教会の教会法上の領域であり、教区である。ブエノスアイレス首都司教座聖堂英語版母教会英語版とする。

概要[編集]

ブエノスアイレス大司教区の領域は203キロ平方メートルを有し、人口は272万9610人(2005年)、うち約250万人がカトリックの信徒であり、182区の小教区によって構成される。フローレス区、デボト英語版区、ベルグラーノ区、中央区という四つの地域の司教代理英語版がそれぞれを司牧し、各地域がさらに二十に分けられて助祭により司牧されている。

ブエノスアイレス大司教区は十一の属司教英語版区を率いる。

  1. アベジャネーダ=ラヌース教区英語版
  2. グレゴリオ・デ・ラフェレーレ教区英語版
  3. ロマス・デ・サモーラ教区英語版
  4. メルロ=モレーノ教区英語版
  5. モロン教区英語版
  6. ブエノスアイレス聖シャーベル教区英語版マロン派
  7. サン・イシードロ教区英語版
  8. サン・フスト教区英語版
  9. サン・マルティン教区英語版
  10. サン・ミゲル教区英語版
  11. ブエノスアイレス聖母マリア賛助教区英語版ウクライナ東方カトリック教会

来歴[編集]

ブエノスアイレス大司教区は、元々は1620年4月6日にパラグアイ司教区英語版から分離独立した教区であり、当初は司教区として設立された。その後、1866年3月5日に司教区から大司教区へと格上げされたが、同時に、それまで同教区が率いていたモンテビデオ大司教区英語版パラナ大司教区英語版ラプラタ大司教区英語版ビエドマ司教区英語版という広大な区域が、新たに別の教区として分離独立した。

2013年3月13日、時の大司教であったホルヘ・マリオ・ベルゴリオが「フランシスコ」の名で教皇に選出された。その後、教皇フランシスコは2013年3月28日よりマリオ・アウレリオ・ポリ英語版を後任のブエノスアイレス大司教として任命した。

裁治権者一覧[編集]

1620年4月6日にブエノスアイレス司教区が設立されてからの裁治権者英語版の一覧は以下のとおり。

司教[編集]

  1. ペドロ・カランサスペイン語版カルメル会(1620年3月30日任命 - 1632年2月29日帰天、初の司教
  2. クリストーバル・デ・アレスティスペイン語版ベネディクト会(1635年12月3日着任 - 1641年帰天)
  3. クリストーバル・デ・ラ・マンチャ・イ・ベラスコスペイン語版ドミニコ会(1641年8月31日着任 - 1773年7月4日帰天)
  4. アントニオ・デ・アスコナ・インベルトスペイン語版(1676年3月9日着任 - 1700年2月19日帰天)
  5. ガブリエル・デ・アレーギ・イ・グティエレススペイン語版フランシスコ会(1712年6月23日着任 - 1716年クスコ司教英語版に任命)
  6. ペドロ・デ・ファハルドスペイン語版三位一体会英語版(1713年3月22日着任 - 1729年12月16日帰天)
  7. フアン・デ・アレーギ英語版フランシスコ会(1730年11月22日着任 - 1736年12月19日帰天)
  8. ホセ・デ・ペラルタ・バルヌエボスペイン語版ドミニコ会(1738年3月19日着任 - 1746年6月14日ラパス司教英語版に任命)
  9. カシェタノ・マルセリャーノ・イ・アグラモントスペイン語版(1749年1月23日着任 - 1757年3月23日トルヒーリョ司教英語版に任命)
  10. ホセ・アントニオ・バスルコ・イ・エレーラスペイン語版(1757年4月2日着任 - 1761年2月5日帰天)
  11. マヌエル・アントニオ・デ・ラ・トーレスペイン語版(1762年7月14日着任 - 1776年10月20日帰天)
  12. セバスティアン・マルバル・イ・ピントスペイン語版フランシスコ会(1777年10月19日着任 - 1783年12月15日サンティアゴ・デ・コンポステーラ大司教英語版に任命)
  13. マヌエル・アサモール・イ・ラミーレススペイン語版(1785年1月27日着任 - 1796年10月2日帰天)
  14. ペドロ・イノセンシオ・ベハラーノ(西: Pedro Inocencio Bejarano)(1797年7月3日着任 - 1801年2月23日シグエンサ司教英語版に任命)
  15. ベニート・ルエ・イ・リエガスペイン語版(1802年8月9日着任 - 1812年3月22日帰天)
  16. マリアーノ・メドラノスペイン語版(1829年10月7日着任 - 1851年4月7日帰天)

大司教(太字は枢機卿を兼ねる)[編集]

  1. マリアーノ・ホセ・デ・エスカラーダスペイン語版(1854年6月23日任命 - 1870年7月28日帰天、初の大司教
  2. レオン・フェデリーコ・アネイロススペイン語版(1873年7月25日着任 - 1894年9月3日帰天)
  3. ウラディスラオ・カスティリャーノスペイン語版(1895年9月12日任命 - 1900年2月6日帰天)
  4. マリアーノ・アントニオ・エスピノーサスペイン語版(1900年8月24日着任 - 1923年4月8日帰天)
  5. ホセ・マリア・ボッターロスペイン語版フランシスコ会(1926年9月9日着任 - 1932年7月20日退任)
  6. サンティアゴ・コペーリョ英語版(1932年9月20日着任 - 1959年3月25日ローマ教皇庁尚書院英語版長官に任命、初の枢機卿
  7. フェルミン・エミリオ・ラフィーテ英語版(1959年3月25日着任 - 1959年8月8日帰天)
  8. アントニオ・カッジャーノ英語版(1959年8月15日任命 - 1975年4月22日退任)
  9. フアン・カルロス・アランブル英語版(1975年4月22日着任 - 1990年7月10日退任)
  10. アントニオ・カラシーノ英語版(1990年7月10日着任 - 1998年2月28日帰天)
  11. ホルヘ・マリオ・ベルゴリオイエズス会(1998年2月28日着任 - 2013年3月13日教皇に選出
  12. マリオ・アウレリオ・ポリ英語版(2013年3月28日任命)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]