フーゴー・プロイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フーゴー・プロイス

フーゴー・プロイス(Hugo Preuß、1860年10月28日 - 1925年10月9日)は、ドイツ公法学者である。ユダヤ系商人の息子として、1860年10月28日にベルリンで生まれた。ベルリン大学、ベルリンの大学院で教鞭を執った。「ヴァイマル憲法の父」として知られている。ドイツ民主党の党員であった。

関連項目[編集]