フリードリッヒ・アウグスト・クヴェンシュテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・アウグスト・クヴェンシュテット
人物情報
生誕 1809年7月10日
Flag of the Kingdom of Prussia (1803-1892).svg プロイセン王国ザクセン州アイスレーベン
死没 1889年12月21日
ドイツの旗 ドイツ帝国ヴュルテンベルク王国テュービンゲン
出身校 ベルリン大学
学問
研究分野 地質学古生物学
研究機関 テュービンゲン大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

フリードリッヒ・アウグスト・クヴェンシュテット(Friedrich August Quenstedt、1809年7月10日 - 1889年12月21日)はドイツ地質学者古生物学者である。

ザクセン=アンハルト州アイスレーベンに生まれた。ベルリン大学で学んだ。しばらく鉱物学博物館の助手を務めた後、1837年にテュービンゲン大学鉱物学地質学准教授、1841年に教授となり、終生その職にあった。テュービンゲンに博物館の設立した。はじめ、結晶学と鉱物学を主に研究し、その分野で広く用いられた教科書を執筆した。

古生物学の分野では、ジュラ紀化石の分野の研究で知られる。1845年にジュラ紀のアンモナイトの命名のシステムを作った。一連のアンモナイト化石の形状について考察し、翼竜についての研究も行った。

軟体動物腔腸動物の2つの古生物名、Quenstedtia にクヴェンシュテットの名が命名された。1876年に発見された新鉱物 quenstedtite にも命名された。

主な著書[編集]

  • Method der Krystallographie (1840)
  • Das Flözgebirge Wurttembergs (1843)
  • Petrefactenkunde Deutschlands (7 vols. and atlases, 1846-84)
  • Die Cephalopoden (1846-49)
  • Handbuch der Petrefactenkunde (2 vols., 1852, 2nd ed. 1867, 3rd ed. 1882-85)
  • Der Jura (2 vols, 1858)
  • Handbuch der Mineralogie (1855, 3rd ed. 1877)
  • Die Ammoniten des Schwäbischen Jura (1883-84).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]