フランコ・ドナトーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランコ・ドナトーニFranco Donatoni1927年6月9日 - 2000年8月17日)は、イタリア現代音楽作曲家

略歴

1927年6月9日にヴェローナに生まれる。

ゴッフレド・ペトラッシの大ファンであったことから作曲を始める。その時ペトラッシから「あまり僕の真似はよくないよ」と呼ばれたことは全人生を貫き、「何が真似ではないのか」を真剣に問う姿勢が培われた。ミラノ音楽院エットレ・デスデリに、ボローニャマルティーニ音楽院リノ・リヴィアベッラに師事したのち、ローマサンタ・チェチーリア国立アカデミアイルデブランド・ピツェッティの上級作曲コースを卒業。1953年にはブルーノ・マデルナと出会い、1954年、1956年、1958年、1961年のダルムシュタット夏季現代音楽講習会に参加。新古典主義的な作風からポスト・ウェーベルン的な書法を経て、ジョン・ケージの影響を受けた図形楽譜による作曲に傾斜。

その後、引用やオートマティズムによる作曲技法を展開した。後年ミラノ音楽院の作曲科教授とキジアーナ音楽院の客員教授を務め、イタリアの後進の育成に多大な影響を及ぼした。念願の来日も実現したが、糖尿病の数回の発作ののち死去。最晩年は殴り書きの楽譜を出版社[1]に送り付けるなど、精神状態も尋常ではなかった。

作風

I (-1959)

ファゴットと弦楽のための「協奏曲Concerto」(1952年)などの最初期の作品はバルトークや。新古典主義音楽の影響を受けていた。その後12音技法からトータルセリエリズムの影響を受けた器楽曲を作曲するが、定量記譜は手放さなかった。才を認められてゼルボーニ音楽出版社へ在籍し、多くの楽譜校正を手伝ったという。

II (1960-1966)

ダルムシュタット講習会に参加後、1960年代半ばごろからジョン・ケージに心酔し、キュビズム風の図形楽譜の作品、またはインストラクションオンリーの作品いくつか書く。このあたりの作品の断片が、ジョン・ケージ編集の「記譜法」に収められることとなった。ドライな音色への嗜好はチェンバロ独奏もしくは数十センチの物差しを弦上に置いたピアノのための「BABAI」(1964年)に良く現れている。後に特殊奏法用のインストラクションを併用するが、音符は用いていなかった。その後アール・ブラウンに接近した「To Earle II」などのオーケストラ作品を全力で仕上げたが、これらを彼は「失敗」と呼んだ。

III (1967-1976)

1960年代後半より、創作の原点となる「模倣とオリジナル」の境界線をさまよう作品へ着手することになる。シュトックハウゼンのグルッペン(アンサンブルのための「想い出 Souvenir」)やシェーンベルク(室内楽のための「ひそやかに表現せよ Etwas Ruhiger im Ausdruck」)の既存の作品から素材を抽出し、際限なく変奏していき原型を留めなくしてしまう作品などが典型例である。「ドゥーブルII」では明らかにヴィトルト・ルトスワフスキの影響がある。この時期の決算にモダン・チェンバロオーケストラのための「自画像 Portrait」(1976-77年)が挙げられる。巨大なスコアを書き上げるために、特に作曲が困難な時代でもあった。そのためか、自身の著書に用いられる文体まで不自然に難解になり、「書いてある意味がわからないことを楽しむ」[2]快楽主義的な傾向が1970年代には前面に押し出される。また、「自分は何も生成しない」オートマティズムへの欲求がより顕著になった。このころから既存の作品ではなく「既存の三和音」を堂々と用いるようになり、音楽の性格が完全に陽気なものへ変わった。「人形芝居II」では古典三和音が用いられている。

IV(1977-1992)

自作の版権をリコルディに移した1977年は、作曲者自身が「この年をもって私は《ドナトーニ》となった」「もう素材の生成をやめた」と語り、作風の転機となった年であった[3]。10楽器のための「発散Spiri」(1977年)以降は線的な素材を数的秩序で配置する「パネル技法」を創作の中心に据える。オートマティズムの実践に加え、レギュラービートの多用や三和音の使用を厭わないこの時期の作品群は、明快でクリアな響きと音感を備え、演奏家からも人気を博した[4]。しかしこの時代の作品は全編が自作引用なので、彼の前史を知らないと意味の通じない作品が多いはずなのだが、1977年以降のドナトーニしか知らない聴衆にも好評であり、作曲のスピードは増す一方であった。

この時期には世界中から多くの弟子と信奉者に恵まれた。この時期の弟子で最も成功した者にファウスト・ロミテッリ杉山洋一らがいる。最も有名なフォロワーにサンドロ・ゴルリを挙げることが出来る。イタリアの現代作曲家は、何らかの形でほとんど彼に教えを乞うている。このため、イタリア国内も「ドナトーニ閥[5]」というものが巨大になりすぎて問題になっていた。

「階段上のどぶ(またはどん底の人生)」は作曲中に発作が起こって進めなくなり、治療を経て「ドナトーニ」になった後の作品であるが、前に作ったところを完全に残し書き直すということをせずにそのまま次を進めた。そのため前半と後半では全く意味や曲想が異なっている。

V(1992-2000)

1990年代後半以降はリズムの単純化が推し進められ、単一の音価の連続で常に音楽が進む。自己引用が顕著となり、マンドーラなどを含んだ奇抜な楽器編成で色彩感を強調することとなった。この時期は病気の影響で作曲に打ち込むことが困難になっていく。オペラ「アルフレッド・アルフレッド Alfred, Alfred」(1995年)は、糖尿病の発作に悩まされていた自分自身に取材した作品である。最晩年はほとんど作曲ができず、遺作となったオーケストラ作品「Prom」(1999年)および「Esa」(2000年)は、弟子の杉山洋一によって補筆完成版が作成された。

なお、杉山のドナトーニ個展はNEOSよりCD化された。

主要作品

オペラ

  • 「アルフレッド・アルフレッド Alfred, Alfred」(1995年)

オーケストラ

  • 「プロム Prom」(1999年)
  • 「エサ Esa」(2000年)

協奏曲

  • ファゴットと弦楽のための「協奏曲 Concerto」(1952年)
  • モダン・チェンバロとオーケストラのための「自画像 Portrait」(1976-77年)
  • チェロと19人の奏者のための「階段上のどぶ Le Ruisseau sur l'escalier」(1980年)

室内楽

  • 5楽器のための「ひそやかに表現せよ Etwas Ruhiger im Ausdruck」(1967年)
  • 15楽器のための「想い出 Souvenir」(1967年)
  • 10弦楽器のための「ソロ Solo」(1969年)
  • 10の楽器のための「発散 Spiri」(1977年)
  • 弦楽四重奏のための「その心の眼 The Heart's Eye」(1979/80年)
  • フルートとピアノのための「糸だらけ Fili」(1981年)
  • 12楽器のための「テーマ Tema」(1982年)
  • 11楽器のための「贈り物 Cadeau」(1984年)
  • 弦楽四重奏のための「そのハツカネズミは笑わない」(1988年)

器楽

  • チェンバロのための「ババイ BABAI」(1964年)
  • ギターのための「アルゴ Algo」(1977年)
  • ヴィオラのための「翼 Ali」(1977年)
  • ピッコロのための「巣 Nidi」(1979年)
  • クラリネットのための「光 Clair」(1980年)
  • ヴィブラフォンのための「オマール Omar」(1985年)
  • ピアノのための「フランソワーズ変奏曲」(1983-96年)

声楽

  • メゾソプラノと5楽器のための「最期の宵 L'Ultima Sera」(1980年)
  • 合唱とオーケストラのための「末尾に In cauda」(1983年)

録音

CDリリースは後年の作品に集中しており、作風が多岐にわたるため、全作品を鳥瞰できる環境が未だに存在していない。彼が1977年以前のいくつかの作品を「ダメ楽曲」と切り捨てたために、そのほとんどは初演を聞いた人物しかしらない「封印された」音楽になっている。また彼の作品の演奏はテンポが速くて難しく、精度の高い演奏に触れるチャンスも少ない。

ソロアルバムのCDリリースが増え始めた当初ですら、初期の作品は録音されないことが多かった。1970年代後半以降の作品のみのリリースが圧倒的に多い弊害は変わっていない。ストラディヴァリウスからのCDリリースは初期から網羅することを目指しており、ドナトーニ入門へ最適のリファレンスディスクであったが、やはり「To Earle II」のような作品まで対象にはなっていないようである。

音盤

  • Franco Donatoni (disco monografico) Gruppo Musica Insieme di Cremona, soprano Luisa Castellani, direttore Andrea Molino, CD Fono
  • Franco Donatoni - Ensemble 2E2M Vol. 1° (disco monografico) Ensemble 2E2M, direttore Paul Méfano, CD Adda
  • Franco Donatoni - Ensemble 2E2M Vol. 2° (disco monografico) Ensemble 2E2M, direttore Paul Méfano, CD Adda
  • Franco Donatoni (disco monografico) orchestra CARME, direttore Guido Maria Guida, CD Ricordi
  • Franco Donatoni (disco monografico) Kölner Rundfunk Sinfonie-Orchester e Rundfunkchor - Orchestre Philharmonique de Radio *France, direttore Arturo Tamayo, CD Stradivarius
  • Franco Donatoni (disco monografico) Ensemble Alternance, violoncellista Alain Meunier, clarinetto contrabbasso Armand Angster, direttore Luca Pfaff, CD Harmonic Records
  • Franco Donatoni (disco monografico) Nieuw Ensemble, soprano Dorothy Dorow, direttore Ed Spanjaard, CD Etcetera Records
  • Franco Donatoni (disco monografico) Ensemble Fa, direttore Dominique My, CD Una Corda/Accord
  • Franco Donatoni Demoé Percussion Ensemble, direttore Daniele Vineis, CD Stradivarius
  • Franco Donatoni (disco monografico) pianista M.I. De Carli, pianista M. Bodini, CD Stradivarius

参考文献

Franco Donatoniの著作

  • Questo, Edizioni Adelphi, Milano (1970), ISBN 8845901467
  • Antecedente X "sulle difficoltà del comporre", Edizioni Adelphi, Milano (1980), ISBN 8845904342
  • Il sigaro di Armando, Spirali Edizioni, Milano (1982), ISBN 8877700521
  • In-oltre, Edizioni L'Obliquo, Brescia (1988)

Franco Donatoniへの著作

  • Autori vari, Donatoni a cura di Enzo Restagno, Edizioni EDT, Torino (1990), ISBN 88-7063-083-8
  • Renzo Cresti, Franco Donatoni, Edizioni Suvini Zerboni, Milano (1982)
  • Enciclopedia italiana dei compositori contemporanei, a cura di Renzo Cresti, Pagano, Napoli 1999, Vol. I, p. 128-129-130. ISBN 8887463077

備考

  • ドナトーニの作品にはセリーの読み間違いなどの「作曲ミス[6]」があるが、これを彼は「直さなくても演奏はできる」と放置した。
  • 彼は電子メトロノームで121や77などの一刻みのメトロノーム指定をイタリア人の作曲家の中では最も早く行っているが、「弾けるテンポでもよいですよ」と譲ったことがある。このため、楽譜の指示を強引に守った演奏から演奏家がかえたテンポの演奏まで出回っており注意が必要。

脚注

  1. ^ Promはできたての自作を紙筒で送り付けた
  2. ^ 精神病の発作の可能性が多くの弟子により指摘されている
  3. ^ eX.13「フランコ・ドナトーニの初演作品を集めて」パンフレット参照
  4. ^ eX.13「フランコ・ドナトーニの初演作品を集めて」パンフレット参照
  5. ^ 彼を担ぎ上げたヌオヴェ・シンクロニーはとくに有名だが、そのシンクロニー主催の作曲コンクールには日本人の名がみられる
  6. ^ 杉山洋一・ミラノ日記