フランク・キャロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007/2008 ISUグランプリファイナルにおけるキャロル。右はエヴァン・ライサチェク。

フランク・キャロルFrank Carroll)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター出身の男性フィギュアスケート選手で、のちにフィギュアスケートコーチ。2007年世界フィギュアスケート殿堂入り。

経歴[編集]

マサチューセッツ州ウースターで育ち、のちにウィンチェスターに移り1932年のレークプラシッドオリンピック女子シングル銅メダリストのマリベル・ビンソンに師事した。アマチュア選手としてジュニア時代に全米選手権で2位となったが大成せずそのままプロに転向し、1964年からコーチとして活動を始めた。

これまでリンダ・フラチアニ五十嵐文男クリストファー・ボウマンティファニー・チンアンジェラ・ニコディノフミシェル・クワンティモシー・ゲーブルカロリーナ・コストナーなどのコーチをし、現在はカリフォルニア州にあるトヨタスポーツセンターに所属し、エヴァン・ライサチェク長洲未来らを指導している。2010年バンクーバーオリンピックではライサチェクを金メダリストに導いた。

2007年、世界フィギュアスケート殿堂に選出された。

外部リンク[編集]