フューチャー・コンバット・システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Future combat Systemss logo.jpg

フューチャー・コンバット・システム(Future Combat System、FCS)は、アメリカ国防総省陸軍が、イラクアフガニスタンでの対テロ戦争など非正規軍も対象とする「21世紀型戦闘」への対応に向けて進めている、総額1,600億ドル規模の兵力近代化構想「未来戦闘システム」(将来戦闘システムとも)のことである。同システムは、戦闘車両や無人偵察機、戦闘ロボット、電子装備を身につけた兵士などを情報通信ネットワークで統合、運用するもので、地上部隊の戦闘能力を飛躍的に向上させるものと期待されている。

概要[編集]

FCS Networkでネットワーク化された部隊は、無人偵察ヘリや持ち運び可能な無人偵察車両、GPSなどを駆使して収集した敵の情報を、兵士のヘルメットの前に装着された小型画面や戦闘車両にリアルタイムで送信し、双方向にて情報を共有することにより最小限の人員で敵に有効な打撃を与えることを目指している。また、車両の軽量化などにより有事即応態勢が高まり、紛争地域への投入・実戦展開に要する時間が従来の3割も短縮できるとされる。

現況[編集]

FCSを構成する一部兵器の開発が遅れており、費用が当初見積もりよりも膨れ上がる懸念も出始めていた。 そして、2009年4月、国防総省における2010会計年度国防予算発表の記者会見において、ゲイツ国防長官が打ち切りを発表。 現在はFCSにかわって、旅団戦闘団近代化としてGCV(ground combat vehicle)の開発へと移行している。

システム概要[編集]

XM1217 MULE-T
XM156 Class I UAV
XM501 NLOS-LS

FCSを構成する主なシステム[編集]

  • FCS Network
  • Unmanned Ground Vehicles (UGV) - 無人地上車両
    • XM1216 SUGV
    • XM1217 MULE-T
    • XM1218 MULE-CM
    • XM1219 ARV-A-L
  • Unmanned Aerial Vehicles (UAV) - 無人航空機
  • Unattended Ground Sensors (UGS) - 無人地上センサー
    • AN/GSR-9 (V) 1 (T-UGS)
    • AN/GSR-10 (V) 1 (U-UGS)
  • Non Line of Sight - Launch System (NLOS-LS)

上記の他にも多数のサブシステムが含まれるとされる。

参考文献[編集]

  • 読売新聞 2008年6月17日の記事より抜粋
  • 鈴木浩志 軍事研究 2004年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]