フォアゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォアゴー
英字表記 Forego
品種 サラブレッド
性別 牡馬せん馬
毛色 鹿毛
生誕 1970年4月30日
死没 1997年8月27日
フォルリ
Lady Golconda
母の父 Hasty Load
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Lazy F.Lanch
馬主 Lazy F.Lanch
調教師 Sherril W.Ward(アメリカ)
→Frank Yewell Whiteley Jr.(アメリカ)
競走成績
生涯成績 57戦34勝
獲得賞金 1,938,957ドル
テンプレートを表示

フォアゴーForego1970年 - 1997年)はアメリカ合衆国競走馬。タフに長く走り続け、ウッドワードステークス4連覇などの記録を残した。通算成績は57戦34勝。エクリプス賞197419751976年度代表馬。20世紀のアメリカ名馬100選第8位。本馬を記念し、サラトガ競馬場フォアゴーステークス(G1)が行なわれている。

戦績[編集]

3歳時[編集]

3歳の1月にデビューし、7戦3勝の成績でケンタッキーダービーに出走する。ここでセクレタリアトと生涯唯一の対戦となるが、セクレタリアトの脅威のレコードの前に11馬身差の4着と完敗を喫する(最もこの時のフォアゴーは8番人気であり、十分健闘の部類であった)。

その後は上昇気流に乗り、9月にはベルモントパークのダート8ハロンの一般戦でコースレコードを樹立。11月末のローマーハンデキャップで初重賞制覇。次走のディスカバリーハンデキャップはアケダクト競馬場ダート9ハロンのコースレコードで快勝。

4歳時[編集]

前年のローマーハンデキャップから5月のカーターハンデキャップまで6連勝。3月のワイドナーハンデキャップでG1初制覇。カーターハンデキャップでは後の大種牡馬であり、当時快速馬で鳴らしていたミスタープロスペクターを破っている。また、この年からニューヨークハンデ3冠に連年挑み続けることになる。ブルックリンハンデキャップウッドワードステークスジョッキークラブゴールドカップステークスを制覇。

5歳時[編集]

ワイドナーハンデキャップ、サバーバンハンデキャップを制覇。ブルックリンハンデキャップ、ウッドワードステークス2連覇。

6歳時[編集]

メトロポリタンハンデキャップ、マールボロカップ招待ハンデキャップ制覇。ブルックリンハンデキャップ、ウッドワードステークス3連覇。

7歳時[編集]

メトロポリタンハンデキャップ2連覇。ウッドワードステークス4連覇の快記録を樹立。

8歳時[編集]

7月4日のサバーバンハンデキャップを最後に引退。

引退後[編集]

引退後はケンタッキー・ホース・パークにて余生を送っていたが、1997年に脚を骨折し安楽死となった。27歳だった。

血統表[編集]

フォアゴー血統ハイペリオン系 / Sir Gallahad,Bull Dog 4x4=12.50%)

Forli
1963 栗毛 アルゼンチン
Aristophanes
1948 栗毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Commotion Mieuxce
Riot
Trevisa
1951 栗毛 アルゼンチン
Advocate Fair Trial
Guiding Star
Veneta Foxgrove
Dogaresa

Lady Golconda
1958 青鹿毛 アメリカ
Hasty Road
1951 鹿毛 アメリカ
Roman Sir Gallahad
Buckup
Traffic Court Discovery
Traffic
Girlea
1951 鹿毛 アメリカ
Bull Lea Bull Dog
Rose Leaves
Whirling Girl Whirlaway
Nellie Flag F-No.9-f

外部リンク[編集]