ファラデー定数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファラデー定数
Faraday constant
記号 F
9.64853365(21)×104 C mol−1
定義 電子 1 mol の電荷
相対標準不確かさ 2.2×10−8
語源 マイケル・ファラデー
テンプレートを表示

ファラデー定数(ふぁらでーていすう、: Faraday constant)は、電子物質量あたり電荷(の絶対値)にあたる物理定数である。なお電子に限らず、陽子陽電子、1価イオンなど、電荷の絶対値が電気素量に等しい ( |Q| = e) 粒子なら何を使っても同様に定義できる。この定数は電気化学化学量論的計算に用いられる。

イギリス科学者マイケル・ファラデーに因む。記号F で表す。

定義と数値[編集]

電気素量アボガドロ定数の積に等しい。具体的な量は、CODATA(2010年)によると、

F = N_\mathrm{A} e = 96\ 485.3365(21) \; \hbox{C}/\hbox{mol}

である[1]

ときおり「電子 1 mol 当たりの電荷」と説明されることがある。単位のファラデー (Fd) を使えばファラデー定数は厳密に

F = 1 Fd/mol

となる。ただし単位のファラデーは現在では使われない。  

外部リンク[編集]

関連項目[編集]