ピーテル・ファン・ミュッセンブルーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュッセンブルークの肖像画

ピーテル・ファン・ミュッセンブルーク(Pieter van Musschenbroek、1692年3月14日 - 1761年9月19日)はオランダの科学者。彼はデュースブルクユトレヒトライデンで数学、哲学、医学、占星術の教授の地位にあった。彼は最初のキャパシタであるライデン瓶を1746年に発明したことで知られている。

姓の日本語表記は他にミュッセンブルックムスケンブルックなどあり一定しない。名の"Pieter"(ピーテル / ピーター)はしばしばラテン語化された"Petrus"(ペトルス)の形で言及される。

出自と学習[編集]

ファン・ミュッセンブルーク家の紋章

ピーテル・ファン・ミュッセンブルークはネーデルラント連邦共和国ホラント州・ライデンで1692年3月14日に生まれた。彼の父はヨハネス・ファン・ミュッセンブルーク(Johannes)、母はマルガレータ・ファン・ストラーテン(Margaretha van Straaten)。ファン・ミュッセンブルーク家は本来フランドルの家系で、1600年ごろライデンに移り住んだ[1]。彼の父はポンプ顕微鏡望遠鏡など科学機器を作る職人であった[2]

ピーテルは1708年までラテン語学校に通い、そこでギリシア語、ラテン語、フランス語英語、高地ドイツ語イタリア語スペイン語を学んだ。そしてライデン大学で医学を学び、1718年に博士号を取得した。彼はまたロンドンで行われたジョン・デサグリエアイザック・ニュートンの講義にも通っている。1719年には、哲学の学習を終えている。[3]

学者としての経歴[編集]

デュースブルク[編集]

1719年、彼はデュースブルクで数学および哲学の教授となった。1721年には医学に関しても教授の職に就いた[3]

ユトレヒト[編集]

1723年、彼はデュースブルクでの役職を去り、ユトレヒトで教授となった。1732年、彼は占星術の教授にもなっている[3]

ミュッセンブルークの"Elementa Physica"(1726) は、ニュートンの考えをヨーロッパの物理学界に伝達する上で重要な役割を果たした[3]

ライデン[編集]

ライデン瓶(20世紀初期のイラスト)

1739年、彼はライデンに戻りヴィレム・スフラーフェサンデWillem 's Gravesande, 1688-1742)の役職を継いで教授となった[3]

ライデン大学において、ファン・ミュッセンブルークは静電気学に興味を持ち、研究を行った。当時、摩擦式起電機で一時的に電気を起こすことは可能であったが、作った電荷を(換言すると電気エネルギーを)貯めておく手段は無かった。ミュッセンブルークおよびその弟子アンドレアス・クナエウス(Andreas Cunaeus)は、ガラス瓶を水で満たし真鍮の棒を入れたものが電気エネルギーを保持することを発見した。そしてエネルギーを放出する(放電を起こす)にはガラス瓶内部の導体(真鍮棒)と外部の導体(彼らの初めの実験では、彼らの手の平)を繋げぐだけで良いことも見つけた。彼はこの発見を1746年1月にルネ・レオミュールノレ神父(Nollet)に教えた。ミュッセンブルークの書簡をラテン語から翻訳した人物が、この発明を「ライデン瓶」と名づけた[要出典]

その直後、ドイツの科学者エヴァルト・ゲオルク・フォン・クライストEwald Georg von Kleist)が彼よりわずかに早く(1745年末)に、独立に同様の仕掛けを作っていたことが判明した。だがフォン・クライストは自分の発明を公表するのが遅れたのである[要出典]

1754年に彼はサンクトペテルブルクの皇立科学アカデミーで名誉教授となった[3]

ファン・ミュッセンブルークは1761年9月19日にライデンで死去した[3]

著書[編集]

  • Elementa Physica (1726)[3]
  • Dissertationes physicae experimentalis et geometricae de magnete (1729)[3]
  • Tentamina experimentorum naturalium in Accademia del Cimento (1731)[3]
  • Institutiones physicae (1734)[3]
  • Aeris praestantia in humoribus corporis humani (1739)[3]
  • Institutiones logicae (1764)[3]

脚注[編集]

  1. ^ Van Musschenbroek Genealogy. Van Musschenbroek Foundation. Retrieved on 2008-11-02.
  2. ^ Musschenbroek. Hebrew University of Jerusalem. Retrieved on 2008-11-02.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Prof. Dr. A.L.M. et Med. Petrus van Musschenbroek. Van Musschenbroek Foundation. Retrieved on 2008-11-02.

外部リンク[編集]