ピーター・ジェニングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ジェニングス, 2002年

ピーター・チャールズ・ジェニングス(Peter Charles Jennings, 1938年7月29日 - 2005年8月7日)は、アメリカ合衆国ニュースキャスター。1960年代から2000年代までABCネットワークのニュース・アンカーを務めた。

カナダトロント生まれ。父親がカナダ放送協会(CBC)に勤務していたこともあり、CTVでラジオニュースの手伝いを始めた。これが振り出しとなり、CTVで初めてのテレビニュースのキャスターに選ばれる。

1964年アメリカ大統領選挙取材のときにABCニュース幹部の目に留まり、ABCに移籍。また、ABCは当時伸び悩んでたニュース部門の起死回生をはかるための賭けとして、フレッシュで容姿端麗の彼を1965年に26歳にして夕方のニュース番組「Jennings with the News」キャスターに抜擢するも、経験の無さとアメリカ人の嫌うカナダ訛りの英語が災いし、ニュースアンカーとして既に高名だったCBSウォルター・クロンカイトや、NBCのチェット・ハントリーとデヴィッド・ブリンクリーらを相手に視聴率でかなわず3年も経たずして番組を降板。

1970年代は海外を中心に取材活動を行い、アメリカのテレビニュース初の中東支局の開設に立ち会う。ミュンヘンオリンピック事件では、ABCがミュンヘンオリンピックを放送していたこともあり、事件現場からいち早く伝えた。海外取材の経験が彼の考えを支えたという。

その後、1978年以来World News Tonightのアンカーを務め、1983年から2005年4月まで単独でアンカーを務めた。2005年4月5日の放送で、肺癌をわずらっていることを公表。療養の為に休暇をとることとしたが、8月7日(日)、ニューヨークで死去。67歳であった。

アメリカ同時多発テロ事件の際、アメリカ中が保守・愛国心に傾倒していくなかで、冷静を保った報道姿勢が非難の的となった。


外部リンク[編集]