パラオキソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラオキソン
IUPAC命名法による物質名
ジエチル4-ニトロフェニルホスフェート
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制 Uncontrolled
識別
CAS登録番号 311-45-5 チェック
ATCコード S01EB10
PubChem CID 9395
ChemSpider 9026 チェック
UNII Q9CX8P80JW ×
ChEBI CHEBI:27827 ×
ChEMBL CHEMBL23838 チェック
化学的データ
化学式 C10H14NO6P 
分子量 275.195 g/mol

パラオキソン: Paraoxon)は有機リン化合物の一種であり、パラチオン硫黄原子が酸素に置き換わった構造である。1954年に、パラチオンから生体内の酸化酵素により生成し、強力なコリンエステラーゼ阻害剤として作用することが発表された[1]緑内障に対する目薬としても使用されるが、高い毒性のため現在は殺虫剤としては使用されていない。ラットに経口投与した実験での半数致死量(LD50)は、1.8mg/kgのデータがある[2]。皮膚を通じて容易に吸収され、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国では化学兵器として使用された[3]

脚注[編集]