パトリック・カウリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パトリック・カウリーPatrick Joseph Cowley, 1950年10月19日 - 1982年11月12日) は、ディスコHi-NRGダンスミュージックの作曲家であり、レコーディングアーティストであった。彼の録音スタイルは、ジョルジオ・モロダーに影響を受けており、そしてエレクトロニック・ダンスミュージックのパイオニア的な存在として知られている。

経歴[編集]

バッファローで生まれて、その後はシンセサイザーの研究に没頭した。1971年サンフランシスコへ移ってからは、市内のディスコで照明技師として働き、その際そこで演奏をしていたシルベスター(元々は、ザ・コケッツというゲイ演劇集団)と出会った。彼らは共同で活動を始め、カウリーはシルベスターの攻撃的なシンセサイザースタイルに影響された。彼らは、クラブダンスの熱狂的なファン達に対し、"You Make Me Feel (Mighty Real)"、"Dance(Disco Heat)"や、最も成功したシングルとなった"Do You Wanna Funk"のようなヒット曲で応えた。

自身のヒットとしては、1981年の"Menergy"と、ゲイ・クラブシーンの祭典である"Megatron Man" が含まれている。1982年に、パトリック・カウリーは、サンフランシスコのディスコThe EndUpで行われたパーティーMenergyで、DJを行った。サンフランシスコのアーティストであるポール・パーカーのために、ダンス・シングル曲"Right on Target"を書き上げてプロデュースを行い、ホットダンスミュージック/クラブ・プレイチャートで一位を獲得した。更にカウリーは、15分以上を越えた長編となったドナ・サマー"I Feel Love"のリミックスをリリースした。(ちなみにこれは現在、コレクターズ・アイテムとなっている。)彼が自身のHIV感染が進行しているのを感じてきた時に、最終のアルバムとなった"Mind Warp"がリリースされた。これは、病状が進行するにつれ、現実から逃避している現在の状況を表している内容であった。カウリーは3枚のソロアルバムを発表しただけであったが、ペット・ショップ・ボーイズニュー・オーダーなどのグループが、影響を与えたアーティストの1人として、今でも彼の名前を挙げている。

1982年11月12日AIDSの合併症により亡くなった。32歳没。

ディスコグラフィ[編集]

パトリック・カウリーのソロアルバム

関連項目[編集]

Wikipedia英語版の関連項目

外部リンク[編集]