バーニー・ビガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーニー・ビガード
左から: ジャック・ティーガーデン、サンタ・デ・サンティス Sandy DeSantis、ヴェルマ・ミドルトン Velma Middleton、フレイザー・ マクファーソン Fraser MacPherson、コージー・コール, アーヴェル・ショウ, アール・ハインズ、バーニー・ビガード。1951年3月17日。パロマ・スーパー・クラブ Palomar Supper Club にて。
左から: ジャック・ティーガーデンサンタ・デ・サンティス Sandy DeSantisヴェルマ・ミドルトン Velma Middletonフレイザー・ マクファーソン Fraser MacPhersonコージー・コール, アーヴェル・ショウ, アール・ハインズ、バーニー・ビガード。1951年3月17日。パロマ・スーパー・クラブ Palomar Supper Club にて。
基本情報
出生名 オールバニー・レオン・ビガード
出生 1906年3月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1980年6月27日(満74歳没)
アメリカ合衆国カリフォルニア州カルバーシティー
ジャンル スイング, ディキシーランド・ジャズ
職業 クラリネット奏者、バンドリーダー
担当楽器 クラリネットテナー・サクソフォーン
共同作業者 Barney Bigard and His Jazzopators
Barney Bigard and His Orchestra
Barney Bigard and The Pelican Trio
Barney Bigard Sextet
キング・オリヴァー

{{{Influences}}}

オールバニー・レオン・ビガードAlbany Leon Bigard [1]1906年3月3日 - 1980年6月27日)、別名バーニー・ビガードBarney Bigard)は、アメリカ人ジャズクラリネット奏者、元来はテナー・サクソフォーン奏者であるが、主にクラリネットで知られており、とくにデューク・エリントン楽団でのソロイストとして定評がある。

来歴[編集]

ビガードはニューオーリンズに生まれ、音楽とクラリネットとをロレンツォ・ティオに学んだ。

1920年代初期にシカゴへ移り、そこでキング・オリヴァーらと演奏をした。この期間、クラリネット奏者ジョニー・ドッズを含むキング・オリヴァーらと行った録音の多くで、ビガードはテナー・サクソフォンを担当し、その演奏には、たとえばオリヴァーの大当たりした録音「サムデイ・スウィートハート」に見られるように、しばしば卓越した叙述味が感じられた。

1927年ニューヨークデューク・エリントンの楽団に入り、1942年までニューヨークに留まった。エリントンの楽団では、クラリネットのソロイストとしてフィーチュアされ、さらにサクソフォン・セクションで多少のテナー・パートを吹いた。

エリントンの楽団を去った後、カリフォルニア州ロサンゼルスに移り、サウンド・トラックの演奏をした。その中には、1946年の映画「ニューオーリンズ」で、ルイ・アームストロングが率いるオールスター・バンドのメンバーとして、ビガードは本人役で準主役を演じたこともあった。

1940年代の終わりの期間は、トロンボーン奏者キッド・オリーのバンドで演奏活動を始め、その後、ルイ・アームストロングの巡業楽団「オール・スターズ」やその他の楽団で、アームストロングと共演した。

ビガードは自伝「With Louis And The Duke」を記している。また、いくつかの曲、とりわけエリントンのスタンダード「ムード・インディゴ」では、作曲者または共同作曲者として著作権表示された。

1980年6月27日、カリフォルニア州カルバーシティーで死去した。

参考文献[編集]

  • 「With Louis And The Duke」(バーニー・ビガード著 ISBN 978-0333402108) - バーニー・ビガードの自伝。

参照[編集]

  1. ^ Bigard, Barney (1986). With Louis and the Duke. New York: Oxford University Press. pp. p. 6.