キッド・オリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キッド・オリー
基本情報
出生名 エドワード・オリー
出生 1886年12月25日
出身地 ルイジアナ州ラプレイス
死没 1973年1月23日(満86歳没)
ジャンル ディキシーランド・ジャズ
職業 トロンボーン奏者
作曲家
担当楽器 トロンボーン
共同作業者 ルイ・アームストロング
ジェリー・ロール・モートン
バーニー・ビガード
ジミー・ヌーン
ジョー・ダレンスバーグ

エドワード・“キッド”・オリー英語: Edward "Kid" Ory1886年12月25日1973年1月23日)は、ジャズトロンボーン奏者バンドリーダーである。彼はルイジアナ州ラプレイスLaPlace)近くのウッドランド・プランテーションに生まれた。

オリーは幼少の頃、自作の楽器で音楽の演奏を始め、ティーンまでにはルイジアナ州サウスイーストでちゃんとしたバンドを率いていた。彼は家庭の決まりのため 21 歳の誕生日まで活動拠点としてラプレイスに留まったが、21 歳の誕生日を迎えると自分のバンドをルイジアナ州ニューオーリンズに移した。

オリーは1910年代にニューオーリンズでとりわけ有名なバンドを持っていて、ニューオーリンズの偉大なジャズ・ミュージシャンたちを数多く雇っていた。その中にはジョー・“キング”・オリヴァーJoe "King" Oliver)、マット・キャリーMutt Carey)、ルイ・アームストロング、それからクラリネット奏者のジョニー・ドッズジミー・ヌーンらがいた。

オリーは1919年ロサンゼルスに引っ越し - その頃、多くのニューオーリンズのミュージシャンたちがそうしていた - 1922年にそこであるバンドと録音をした。そのバンドにはマット・キャリー、クラリネット奏者でピアニストのディンク・ジョンソンDink Johnson)、コントラバス奏者のエド・ガーランドEd Garland)らがいた。ガーランドとキャリーは長年の仲間で、オリーが1940年代に復帰するまでの間も、なおそれでもオリーと演奏しようという意志を持っていた。1925年に、オリーはシカゴへ引っ越した。そこでは彼は非常に活動的で、ルイ・アームストロング、ジェリー・ロール・モートン、キング・オリヴァー、ジョニー・ドッズ、その他大勢の人々と仕事をし録音をした。

世界恐慌の中、オリーは1933年に音楽から引退し、1943年まで再び演奏をしようとはしなかった。1944年から1961年頃まで、彼はその時期とりわけ頂点を極めるニューオーリンズ・スタイルのバンドのひとつを率いていた。マット・キャリー、エド・ガーランド、トランペット奏者のアルビン・アルコーンAlvin Alcorn)とテディ・バックナーTeddy Buckner)もさることながら、クラリネット奏者のダーネル・ハワードDarnell Howard)、ジミー・ヌーンアルバート・ニコラスAlbert Nicholas)、バーニー・ビガードジョージ・プロバートGeorge Probert)、ピアニストバスター・ウィルソンBuster Wilson)、セドリッウ・ヘイウッドCedric Haywood)、ドン・イーウェルDon Ewell)、ドラマーマイナー・ホールMinor Hall)達が、この時期、オリーの楽団員に混ざって演奏していた。

オリーのバンドはニューオーリンズ・ジャズへの関心を復興させ、録音のみならず人気ラジオ番組 - それらの番組の中にはオーソン・ウェルズの『オールマナック』(Almanac)の放送やスタンダード・オイル提供のジャズの歴史シリーズもあった - を製作させる有力な影響力を持った。

オリーは「マスクラット・ランブル」、「オリーズ・クレオール・トロンボーン」、「サヴォイ・ブルース」の作曲者でもあった。オリーは1966年に音楽から引退し、晩年はハワイ州で過ごし、ホノルルで死去した[1]

参照[編集]

外部リンク[編集]