バートは天才?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バートは天才?」(原題:"Bart the Genius"、「バート・ザ・ジーニアス」)は『ザ・シンプソンズ』の第1シーズンの2番目のエピソードである。オリジナル版はアメリカにおいて1990年1月14日フォックス・テレビにて放映された。このエピソードは脚本家ジョン・ヴィッティによって書かれた最初の作品であり、また、デヴィッド・シルヴァーマンが初めて監督を務めた作品でもある。このエピソードから現在、お馴染みとなっているシンプソンズのオープニングが組み込まれた。このエピソードの主な筋書きはバート・シンプソンが知能検査で不正を働き、その結果、彼が天才として扱われ、彼が天才としての人生を経験するというものになっている。また、この回でバートの決め台詞「パンツでも被ってろ。」が出てくる。悲惨な出来だった「子守のおばちゃま」を見た製作スタッフらにとって今作品はシリーズの将来を左右する鍵を握っていた[1]。そして、この作品を見たスタッフはその仕上がりに満足し、以後、シリーズが続いていくこととなった[2]

黒板ギャグ[編集]

  • (日本語版) チョークをムダにしません
  • (オリジナル版) I WILL NOT WASTE CHALK

脚注[編集]

  1. ^ Brooks, James L. (2001年). The Simpsons The Complete First Season DVD commentary for the episode "子守のおばちゃま" (DVD). 20th Century Fox. 
  2. ^ Groening, Matt (2001年). The Simpsons The Complete First Season DVD commentary for the episode "子守のおばちゃま" (DVD). 20th Century Fox. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]