バルドゥイン・フォン・ルクセンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルドゥイン像(トリーア

バルドゥイン・フォン・ルクセンブルク(Balduin von Luxemburg, 1285年頃 - 1354年1月21日)は、神聖ローマ帝国選帝侯であるトリーア大司教(1328年 - 1336年)。ルクセンブルク家の出身で、父はルクセンブルク伯ハインリヒ6世

兄であるハインリヒ7世およびその孫カール4世神聖ローマ皇帝選出に貢献した。

関連項目[編集]