バウンティフルへの旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バウンティフルへの旅
The Trip to Bountiful
監督 ピーター・マスターソン
脚本 ホートン・フート
原作 ホートン・フート
製作 スターリング・ヴァン・ワーゲネン
ホートン・フート
製作総指揮 サム・グロッグ
ジョージ・ヤネッフ
出演者 ジェラルディン・ペイジ
レベッカ・デモーネイ
音楽 J・A・C・レッドフォード
撮影 フレッド・マーフィ
編集 ジェイ・フロインド
製作会社 フィルム・ダラス
バウンティフル・フィルム・パートナーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 アイランド・ピクチャーズ
日本の旗 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年12月20日
日本の旗 1987年4月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,491,903[1]
テンプレートを表示

バウンティフルへの旅』(バウンティフルへのたび、原題: The Trip to Bountiful)は、1985年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。

ホートン・フート脚本の1953年のテレビドラマ『The Trip to Bountiful』(リリアン・ギッシュ主演、後にほぼ同じメインキャストでブロードウェイで舞台化)をフート自らの脚色で映画化した作品。

ジェラルディン・ペイジ第58回アカデミー賞においてアカデミー主演女優賞を受賞するなど、様々な賞を受賞した。

あらすじ[編集]

1940年代のアメリカを舞台に、気の強い嫁との同居に耐えかね、故郷バウンティフルへの旅に出た老女の姿を描く。

キャスト[編集]

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ 受賞
脚色賞 ホートン・フート ノミネート
ボストン映画批評家協会賞 主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) ジェラルディン・ペイジ ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ピーター・マスターソン
脚本賞 ホートン・フート 受賞
主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ
毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞 受賞
全米脚本家組合賞 最優秀脚色賞 ホートン・フート ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ The Trip to Bountiful (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]