ハーグ密使事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
密使を担った三人:(左から)李儁、李相卨、李瑋鍾

ハーグ密使事件(ハーグみっしじけん)は、1907年(明治40年)に大韓帝国オランダハーグで開催されていた第2回万国平和会議に密使を送り、自国の外交権回復を訴えようとするも国際社会の列強から会議への参加を拒絶され、目的を達成することができなかった事件。韓国では「ハーグ特使事件」。

経緯[編集]

日本は、1905年第二次日韓協約日韓保護条約)によって大韓帝国の外交権を接収した。皇帝高宗は密使外交を展開することで日本からの支配を打破しようと試みていた。李容泰韓国語版、沈相薫、金嘉鎮ら大韓帝国内の抗日派は、イギリス人ベッセルやアメリカ人ホーマー・B・ハルバートらと図り、さらに海外にいた李学均韓国語版李範晋韓国語版らと連絡を取り合い、1907年6月、ハーグで開催されていた第2回万国平和会議に皇帝の密使を派遣し、列強に大韓帝国の外交権保護(第二次日韓協約の無効)を訴えようとした。密使として派遣されたのは李相卨韓国語版(元議政府参賛)、李儁韓国語版(前平理院韓国語版検事)と李瑋鍾韓国語版(前駐露公使館二等書記官、前駐露公使李範晋の次男)の三人である。

ハーグに到着した彼らは、デ・ヨング (De Jong) ホテル[1]に投宿し、公然と活動を始めた。しかし会議に出席していた列強は大韓帝国の外交権が日本にあること、大韓帝国の利益は条約によって日本政府が代表していることなどを理由に三人の密使の会議出席を拒絶した。出席を拒まれた密使らはやむなく抗議行動として現地でビラ撒きや講演会を行った。

日本は万国平和会議の首席代表として派遣されていた都筑馨六特命全権大使がこの事件に対応した。また大阪毎日新聞から派遣されていた高石真五郎は連日、特派員電として現地の情勢を伝えた。この時、高石は日本人としてただ一人、密使と面会している。

密使らは具体的な成果を得ることはできなかった。そして、密使の一人である李儁は7月14日にハーグにて客死した。

経過[編集]

  • 4月21日(22日とも)、李儁が京城を出発。高宗が密使に与えたとされる委任状の日付は、1907年(光武11年)4月20日付。
  • 5月8日、ハルバートが京城を出発。神戸敦賀、ロシアを経由して欧州へ向かう[2]
  • 5月21日、李相卨と李儁が、車錫甫の息子と共にウラジオストクを出発。
    • 李相卨は前年4月に韓国を去り、北間島の私塾で子弟教育に従事していた。
  • 6月4日、サンクトペテルブルクで李瑋鍾が合流。
  • 6月15日、第2回万国平和会議がハーグにて開会。
  • 6月19日、ベルリンにて、密使が各国首席代表に宛てた主張文(「抗告詞」と呼ばれる)を印刷。
  • 6月25日、李儁、李相卨と李瑋鍾がハーグに到着。
  • 6月28日、密使が「抗告詞」と付属文書を(日本を除く)会議参加各国委員に送る。同日付の非公式会議報『Courrier de la Conférence』紙に「抗告詞」が掲載される。
  • 6月29日、密使は会議議長を務めるロシア帝国主席代表ネリドフ伯 (Aleksandr I.Nelidov) を訪問するが、面会を拒絶される。
  • 6月30日、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツの各国代表を訪ねるが、支援を拒否される。
  • 7月1日、(会議開催国の)オランダ外務大臣に面会を求めるが、拒絶される。
この時点で密使の存在は、彼らが接触した列強側から日本側に通報されていたといわれている。
  • 7月4日、この日に高石が打電した記事において、密使は未だ信任状を示していないとある[3]
  • 7月5日、この日に高石が打電した記事において、8日の演説(後述)を予告しつつ「平和会議に参加するの計画破れて、目下将来における運動方法を講じ居れる有様にて…」とある[4]
  • 7月8日、李瑋鍾が米国人ジャーナリストのウィリアム・ステッド (William T.Stead) の紹介で、「国際主義の会」(Foundation for Internationalism) 集会にて演説を行う。
  • 7月9日、大阪毎日新聞が1面で「対韓処置断行の機-海牙における韓人の怪運動」と題して日本政府と伊藤博文に厳格な対応を求める論説を掲載。
  • 7月12日、李瑋鍾がサンクトペテルブルクに向けて出立。
  • 7月13日、この日に高石が打電した記事において、李儁が悪性の腫物が顔面に出て、重患に陥ったとある[5]
  • 7月14日、夕刻、投宿先のホテルにて、李儁が死亡。
  • 7月16日、李儁の仮埋葬が行われ、同行の李相卨とホテルの主人が参列。
  • 7月18日、李瑋鍾がサンクトペテルブルクからハーグに戻る。
  • 7月19日、李相卨と李瑋鍾がロンドンに向けハーグを出立。後、ニューヨークへ向かう。同日、ハルバートがニューヨークに到着。
  • 9月6日、李儁の本葬が行われる。李儁の弟や大韓帝国の元外交官、友人、ハーグYMCA会長などが参列したという。
  • 10月18日、第2回万国平和会議が閉会。

親書の内容[編集]

事件に先立つ1907年1月16日、『大韓毎日申報』は前年ロンドン・トリビューン紙に掲載された高宗の親書を転載する形で改めて報じた。その内容は次のようなものであった。

  1. 1905年11月17日に日本使臣と朴斉純が締結した条約を認めていないし、国璽も押していない。
  2. この条約を日本が勝手に頒布することに反対した。
  3. 独立皇帝権をいっさい他国に譲与していない。
  4. 外交権に関連した必要の無い条約は強制であり、内政に関連したものも全く承認していない。
  5. 韓国統監の駐在を許しておらず、皇室権を外国人が行使することを寸毫たりとも許諾していない。
  6. 世界各国が韓国外交権を共同で保護することを望む。

委任状(親書)の偽造疑惑[編集]

前述のデ・ヨング (De Jong) ホテルの位置には現在「李儁烈士記念館」が建てられており、皇帝高宗の「委任状」の写真が飾られている。これには「大皇帝」という文字の下に自筆署名と、その下に「皇帝御璽」の印が押されている。しかしこの署名や印について、イ・ヤンジェ(李儁烈士殉国100周年記念事業推進委員会総務理事)や印刻専門家のチョン・ビョンレ(古岩篆刻芸術院院長)は「偽造された可能性が高い」と指摘している。ソウル大国史学科の李泰鎮は、「任務を口頭で伝え、後で書き入れるようにした委任状ではないか」と推測している。オランダ国立文書保管所の担当者によると「3人がハーグで皇帝の委任状を提示したという記録はまったく存在していない」と語っており、委任状の存在自体の確認が正式には取れない状態である[6]

事件の影響[編集]

韓国統監であった伊藤博文が事件を厳しく追及すると、高宗は子の純宗へ譲位した。同年7月24日に韓国統監の権限強化をうたった第三次日韓協約が締結された。この協約によって、韓国は外交権に加えて内政権も日本に接収されることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 高石は「晩餐五十銭位の安旅館」としている。「韓人の運動」大阪毎日新聞、明治40年7月3日。
  2. ^ 万国平和会議に合わせて何らかの運動を行なうこと、ハルバートが工作費として宮廷より金員3万円を受け取ったという噂が流れていた。「海牙の韓人と韓廷」大阪毎日新聞、明治40年7月4日。
  3. ^ 「韓人の信任状」大阪毎日新聞、明治40年7月6日。
  4. ^ 「密使李瑋鍾、公開演説を計画」大阪毎日新聞、明治40年7月8日。
  5. ^ 「密使の一人李儁は重病」大阪毎日新聞、明治40年7月15日。
  6. ^ 2007年7月8日 朝鮮日報

関連項目[編集]