ハンブルク=ダムトーア駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンブルク=ダムトーア駅
駅外観
駅外観
Hamburg Dammtor
所在地 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク
管理者 DB Station&Service
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1866年
1903年7月7日移転開業
備考 DS100コード - BCHB
駅コード - 0537
駅種別 - Hp
カテゴリー - 2

ハンブルク=ダムトーア駅(ドイツ語: Bahnhof Hamburg Dammtor)はドイツハンブルクにある鉄道駅である。駅前の路線バスのターミナル名も同名となっている。ダムトーア駅はハンブルクに4つある長距離列車の駅の中の1つであるが、駅の大きさや重要性にもかかわらず駅の種別は停留所(Haltepunkt)に分類されている。これはダムトーア駅を起終点とする列車や、同駅で方向を変える列車がないためである。

歴史[編集]

駅名になっているダムトーアは19世紀まで近隣に存在した古い城門に因んでいる。現在の駅は1903年7月7日に開業した。それ以前に存在した駅は現在地から数百メートル離れた場所にあり、1866年に開業している。1999年から2002年にかけて大規模な改修工事が行われた。

位置・駅構造[編集]

ダムトーア駅はハンブルクの中心であるアイムスビュッテル区(Eimsbüttel)ローゼルバウム地区(Rotherbaum)にあり、ハンブルク大学やハンブルクコングレスセンターに近い。そのため、駅名標板には“Messe- und Kongressbahnhof”が付け加えられている。駅の構造は高架駅で2面4線のプラットホームを備えており、1面はSバーン、もう1面はICE等の長距離列車や地域列車が使用している。