ハンス・ア・ダンマーク (1518-1532)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス王子、下画より抜粋
クリスチャン2世の3人の子供たち、ヤン・ホッサールト画、1526年

ハンス・ア・ダンマークHans af Danmark, 1518年2月21日 コペンハーゲン - 1532年8月11日 レーゲンスブルク)は、デンマーククリスチャン2世と王妃イサベラ・ア・ブアグンの間の長男。

1523年、父が大叔父のフレゼリク1世によって王位を奪われると、ハンスとその家族は母イサベラの実家のある低地地方デ・リール英語版で困窮した亡命生活を送ることになった。父は義兄の神聖ローマ皇帝カール5世の軍事援助を得て、王位を簒奪者から奪回することを夢見ていた。その時は訪れることはなく、一家は失意のうちにデ・リールから南方のブラバント公領に居を移した。

1532年の年明け、クリスチャン2世はオスロに赴き、ノルウェーの議会に息子ハンスを正統な王位継承者と認めさせ、息子を王位に就けようと画策した。一方、伯父の皇帝カール5世は、ハンスをレーゲンスブルクに連れて行った。ハンスは間違いなく、ハプスブルク家の庇護下にデンマーク王位請求者として政治的役割を果たすことを期待されていたが、同年の夏にレーゲンスブルクの皇帝の宿所で亡くなった。

14歳で夭折したハンスの遺骸は、ヘント聖ピーテル修道院ドイツ語版に埋葬された。しかし1883年になって遺骸は掘り起こされて故国デンマークに移送され、オーデンセ聖クヌーズ修道院英語版に改葬された[1]。ハンスは賢く、一国を治めるに足る能力を持っていた王子だったと言われている[2]

引用[編集]

  1. ^ Bricka 1887, p. 567.
  2. ^ Bricka 1887, p. 566.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ハンス・ア・ダンマーク (1518-1532)に関するカテゴリがあります。