ハビエル・オチョア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハビエル・オチョア

ハビエル・オチョア・パラシオス(スペイン語: Javier Otxoa Palacios1974年8月30日 - )は、スペインバスク自治州バラカルド出身の自転車選手。1997年から2001年までの間、ケルメ・コスタ・ブランカに所属していた。メディアでは、Javier Ochoaの表記が多い。

2000年にはツール・ド・フランス2000に出場しており、第10ステージのオカタムの山岳ステージで区間優勝を果たし、総合成績では13位、山岳賞ではコロンビアサンティアゴ・ボテーロに次ぐ2位となった[1]。2001年2月、双子の弟のリカルドと共にマラガブエルタ・ア・アンダルシアに向けて練習していたところ、後ろから来た車に二人ともはねられた。弟のリカルドは即死、ハビエル自身も脳に強くダメージを負ったほか、全身を複雑骨折し手術を行ったものの昏睡状態へと陥った[2]。一時は医師より生命維持装置を外すことも提案されたが家族は回復を信じて治療を続け、60日以上昏睡状態を経てついには意識が戻った。脳への障害からツール・ド・フランスでの区間優勝や事故の記憶やなどは失っており、片側のの損傷などもあったが懸命なリハビリを続け2004年にはアテネパラリンピックへと出場することになる。そのアテネではロードレース / タイムトライアルlCP3では金メダルを獲得、追い抜きにおいても予選で世界記録を樹立したものの、決勝でイギリスダレン・ケニーがその記録を塗り替え、銀メダルに終わった。2008年北京パラリンピックではタイムトライアルCP3で金メダル、ロードレースLCでは再びダレン・ケニーに次ぐ銀メダルを獲得した。個人の追い抜きでは彼を追い越したダレン・ケニーのすぐ後ろに近付き過ぎたとして失格扱いになった[3]。これに対してダレン・ケニーは決勝でオチョアと競い合いたかったのに残念だと述べている[4]

出典[編集]

  1. ^ Official results for Javier Otxoa| Tour de France
  2. ^ Cycling Memorials – Ricardo and Javier Otxoa| Daily Peloton| date=2003-09-25
  3. ^ Three Paralympics Golds for GB”. Velodrome.org.uk (2008年9月8日). 2008年9月8日閲覧。
  4. ^ Paralympics 2008 - Track Day 1”. British Cycling (2008年9月7日). 2008年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]