ハッスル&フロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハッスル&フロウ
Hustle & Flow
監督 クレイグ・ブリュワー
脚本 クレイグ・ブリュワー
製作 ステファニー・アレイン
ジョン・シングルトン
製作総指揮 ドワイト・ウィリアムス
出演者 テレンス・ハワード
音楽 スコット・ボマー
撮影 エイミー・ヴィンセント
編集 ビリー・フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・クラシックス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年7月22日
日本の旗 2006年8月12日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,800,000[1]
興行収入 $23,563,727[1]
テンプレートを表示

ハッスル&フロウ』(Hustle & Flow)は2005年制作のアメリカ合衆国の映画メンフィスポン引き、またドラッグ・ディーラーとして荒んだ生活を送っていた男が、ラッパーとしてチャンスを掴もうとする姿を描く。

映画の曲「イッツ・ハード・アウト・ヒア・フォア・ア・ピンプ(It's Hard Out Here for a Pimp)」は、アカデミー歌曲賞を受賞した。

ストーリー[編集]

メンフィスに住むDジェイはドラッグを捌き、3人の娼婦を抱えて売春の斡旋で身を立てていたが、自分の人生に強い不満を抱いていた。ある日、小さなキーボードを手に入れたことから、以前はラッパーになることを夢見ていたことを思い出す。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Hustle and Flow”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]