ニール・リッチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・メシュエン・リッチー
1897年7月29日 - 1983年12月11日
Neil Ritchie.jpg
生誕 British Guiana (modern Guyana)
死没 カナダ トロント
軍歴 1914-1951
最終階級 大将
除隊後 保険会社の取締役
テンプレートを表示

ニール・メシュエン・リッチー(1897年7月29日 - 1983年12月11日)は、英国の軍人。第二次世界大戦時はイギリス軍の将官であった。

軍歴[編集]

リッチーの軍人としての経歴は、ブラック・ウォッチ(ロイヤル・ハイランド (Black Watch))連隊で将校に任命された1914年に始まる。 第一次世界大戦中、彼はフランスで1917年に殊勲賞(DSO)を、またメソポタミア戦役で1918年には戦功十字章(MC)を「冷静であり同時に危険を全く顧みない勇気の好例」として受けた。

第二次世界大戦開始時、リッチーは准将に昇進しており、ダンケルクの撤退に、撤退の指揮を執った英国遠征軍司令官の幕僚長としてかかわった。彼はウェーベルオーキンレック、そして(ダンケルク作戦の指揮官であった)アランブルックらに幕僚として仕え、彼らすべてから重用された。

北アフリカ戦線クルセーダー作戦中の1941年11月26日付けで、中東方面軍総司令官オーキンレックにより同軍の参謀副長から第8軍司令官に任命された[1]。しかしエル・アラメインの戦いの直前、1942年6月25日に同じオーキンレックによって第8軍司令官を解任された[2]

1950年9月から、ブラック・ウォッチのカーネル(名誉連隊長)に就任。晩年彼はカナダのトロントで過ごし、86歳のときに死亡した。

脚注[編集]

  1. ^ 山崎 (2009)、p.263
  2. ^ 『北アフリカ戦線』(2009)、pp.57-58

参考文献[編集]