クルード・オーキンレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルード・オーキンレック
Sir Claude John Eyre Auchinleck
Auchinleck.jpg
渾名 The Auk
生誕 1884年6月2日
ハンプシャーアルダーショット
死没 1981年3月23日(満96歳没)
モロッコマラケシュ
所属組織 英印軍
軍歴 1904年 - 1947年
最終階級 陸軍元帥
テンプレートを表示

クルード・ジョン・エアー・オーキンレックClaude John Eyre Auchinleck OBE, 1884年6月21日 - 1981年3月23日)は、第二次世界大戦中のイギリス陸軍元帥。「オーク」(The Auk)の愛称で知られる。

アルダーショットで貧困家庭に生まれたが、奨学金を得てサンドハースト陸軍士官学校に入学した。卒業後はイギリス領インド帝国に赴任し、軍歴の多くを同地で費やし、愛国心と一般兵との親近感を大きくした。

第二次世界大戦の初期、1940年5月にオーキンレックはノルウェーで連合軍を指揮したがドイツ軍に敗れ、ノルウェー崩壊後の1940年7月に南方方面軍参謀長となり、その後インド駐留英国陸軍総指揮官に赴任した。

北アフリカでの連合軍と枢軸軍のシーソーゲームに続いて、彼はアーチボルド・ウェーヴェル将軍の後任として1941年7月に中東の連合軍総指揮官となる。ウェーヴェルは彼と交代してインド駐留英国陸軍総指揮官に赴任した。