ニザーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニザームは、インドに存在したハイデラバード藩王国の支配者の称号(君主号)。

ミール・カマルッディーン将軍がムガル帝国の皇帝から「ニザーム・アル・ムルク」(王国を取り仕切る者)の称号を授けられたのが、その起こりである。カマルッディーンはハイデラバードに拠って独立を宣言し、その称号からニザーム藩王国とも呼ばれる国を興した。カマルッディーンを始祖とするニザーム家は、非常に裕福な一門としても知られており、例えば第9代のミール・マフブーブ・アリ・カーン(アサフ・ジャー6世、在位1869年 - 1911年)は、同じ衣装を二度と身に着けなかったと伝えられている。彼の宮殿の一区画は、全て彼の洋服箪笥でぎっしりと満たされ、その高さは2階にまで達したという。

ニザーム家の妃たちは、宝石をちりばめた王冠、黄金の装飾品や真珠、そして高価な宝石で飾り付けられた金糸の豪華なドレスで身を飾っていた。さらに彼女たちの首は、着けられるだけの真珠や宝石の首飾りで飾りたてられ、宝石の帯のついた靴、豪華な銀の足飾り、真珠や宝石のブレスレットという豪華そのものの装いだったようである。

膨大な量のダイヤモンドサファイヤエメラルドルビーが宮殿の地下貯蔵庫に満ち溢れていたとか、ライムの実ほどもある280カラットのジャコブダイヤモンドが文鎮に使われていたとか、またある時には、金塊を運んでいた12台のトラックが、あまりの金塊の重さのために宮殿庭園の泥濘で立ち往生した、などの伝説も残っている。

関連項目[編集]