ムザッファル・ジャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムザッファル・ジャング
Muzaffar Jung
第3代ニザーム
Muzaffar Jung.jpg
ムザッファル・ジャング
在位 1750年 - 1751年
全名 ヒダーヤト・ムヒー・ウッディーン・サアーダトゥッラー・ハーン
出生 不詳
死去 1751年2月3日
ラッキレッディパッリ
王朝 アーサフ・ジャーヒー朝
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ムザッファル・ジャングウルドゥー語:مظفرجنگ, 英語:Muzaffar Jung, 生年不詳 - 1751年2月3日)は、インドデカン地方ニザーム王国(ハイダラーバード王国)の第3代君主(ニザーム、在位:1750年 - 1751年)。

生涯[編集]

1748年6月、祖父ミール・カマルッディーン・ハーンが没した時、その相続者である彼の長男ガーズィー・ウッディーン・ハーンは、父の代理としてムガル帝国 の首都デリーの宮廷に出仕していた[1]

この機をついて、次男のナーシル・ジャングニザームを宣言したが[2]、甥であるムザッファル・ジャングはこれに強硬反対し、フランスデュプレクスチャンダー・サーヒブらと同盟した[3]

ムザッファル・ジャングとデュプレクス

そして、1748年8月、ムザッファル・ジャングはチャンダー・サーヒブ、デュプレクスとともに、アンブールでカルナータカ太守アンワールッディーン・ハーンを殺害し(アンブールの戦い)、第二次カーナティック戦争を引き起こした[4]

1750年12月6日、叔父のナーシル・ジャングが戦争で死亡し、ムザッファル・ジャングは新ニザームとなった[5]。彼はその謝礼として、同月31日にフランス東インド会社にポンディシェリー近郊の領地とマスリパタムを与え、会社とその軍隊にそれぞれ50万ルピーを払った[6][7]

また、デュプレクス個人にも200万ルピーと年10万ルピーの収益のあるジャギールを授けた。そのうえ、彼はクリシュナ川からカニヤークマーリーにまで及ぶ東海岸一帯のムガル帝国領の名誉知事に任命された[8]

そのうえ、デュプレクスはニザームを敵から諸語する名目で、自身の右腕であるビュシーハイダラーバードに配置した[9]。これは表向きだけで、実際にはニザーム王国の宮廷において、フランスの勢力を維持するのが目的であった[10]

しかし、1751年2月3日にムザッファル・ジャングはラッキレッディパッリで自身と敵対する勢力との戦闘のさなか、カルヌールナワーブに頭を槍で刺されて殺害された[11][12][13]

その後、ナワーブも直ちに殺害されたが、ビュシーはこの重大な危機に際し、その叔父サラーバト・ジャングを新ニザームとした[14][15]

脚注[編集]

  1. ^ Hyderabad 3
  2. ^ Hyderabad 4
  3. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p199
  4. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  5. ^ Hyderabad 4
  6. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  7. ^ Hyderabad 4
  8. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  9. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  10. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  11. ^ Hyderabad 4
  12. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59
  13. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p40
  14. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p60
  15. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p59

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年
  • ビパン・チャンドラ著、栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年

関連項目[編集]