ニコラス・チョン・ジンスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Coat of arms of Nicolas Cheong Jin-suk.svg

ニコラス鄭鎭奭(英:Nicholas Cheong Jin-Suk、ハングル:정진석、1931年12月7日 - )は、大韓民国ローマ・カトリック教会枢機卿。現在はソウル教区大司教を務めている。

1970年から1998年までは清州教区の司教を務め、2006年に枢機卿になった。

人物[編集]

京城生まれ。1954年に神学校神学士号(B.Th)を取得する以前は、ソウル大学校で化学エンジニアリングを学んでいた。香港社会学を学んだのち、1961年3月18日に当時の大司教、パウロ盧基南によって司祭叙階され、ソウルで司祭を務めた。

1962年には小神学校の教授になり、ソウル大教区法院の公証人になった。

1964年から65年までローマ教皇庁の書記とカトリック会議の次長を務めた。1966年から67年までは司教書記[訳語疑問点]と小神学校の助任司祭[訳語疑問点]を務め、その後ローマで教会法を学び、1968年から1970年まで教皇庁立ウルバノ大学に通った。

1970年6月25日、鄭はローマ教皇パウロ6世によって第2代清州教区司教に選ばれた。10月3日に盧基南大司教、メリノール宣教会司教ジェームズ・パーディ、清州市聖家族教会共同奉献者[訳語疑問点]のペテロ韓玜烈から司教祝聖を受けた。1998年4月3日にはソウル大司教に任命され、同年6月6日、平壌の使徒座管理者[訳語疑問点]を務めた。また、同年には韓国司教会議の議長を務め、韓国カトリック教会のスポークスマンも務めた。

2006年3月24日の教皇枢密会議の際、ベネディクト16世は彼をボッチェアのルルド無原罪の聖母[訳語疑問点]の枢機卿に任命し、翌年5月6日に彼はローマ教皇庁家庭評議会の最高委員に任命され[1]、2007年2月3日には w:Council of Cardinals for the Study of the Organizational and Economic Problems of the Holy Seeにも任命された。近年は広報評議会の一員にもなった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]