ニコライ・アファナシエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・アファナシイェフ
Николай Афанасьев
基本情報
出生 1820年12月31日
ロシアの旗 ロシアトボリスク
死没 1893年6月3日(満72歳没)
ロシアの旗 ロシアペテルブルク
ジャンル ロマン派
職業 ヴァイオリニスト作曲家

ニコライ・ヤコヴレヴィチ・アファナシイェフロシア語: Николай Яковлевич Афанасьев; Nikolay Yakovlevich Afanas'yev, 1820年12月31日 トボリスク1893年6月3日 ペテルブルク)は、ロシアヴァイオリニスト作曲家

略歴[編集]

ヴァイオリニストイヴァン・ドルゴルコフ私生児であったあった父ヤコヴ・イヴァノヴィチより音楽教育を受ける。

1838年モスクワにおいてヴァイオリニストとしてデビューする。1838年ボリショイ劇場附属管弦楽団コンサートマスターに任命されるが、1841年に辞任して、ペテルブルク近郊ヴィクサの富裕な地主農奴オーケストラの指揮者に転向した。1846年に辞職し、ロシア国内での演奏旅行にとりかかる。1851年にペテルブルクに定住すると、イタリア歌劇団の演奏家やコンサートマスターとして演奏を続けた(時には指揮者も務めている)。1853年にオーケストラの活動を止めて、スモーリヌィ女学院でピアノ教師として勤めだしたが、1857年には西欧に演奏旅行を行い、まずまずの成功を収めた。

ロシアに戻ると作曲活動に没頭した。正規の音楽教育を受けなかったために、技巧面で不調和に陥りがちではあるものの、小品の分野で最大の美点を発揮している。中でも、ロシアの民族音楽旋律リズムに触発された作品群で称賛を浴びた。民族音楽に対する永続的な関心から、ロシア民謡を混声四部合唱に編曲した曲集を1866年に出版して、人気を集めた。室内楽では、弦楽四重奏曲《ヴォルガ河》(1860年)も同じく賞賛され、翌1861年ロシア音楽協会から受賞した。歌劇は、対照的にさほど熱狂的な評判を呼ばなかった。1870年マリインスキー劇場が《 Ammalat-bek 》を舞台化したものの、その後に再演されることはなかった。《ステンカ・ラージン》は検閲を通過することができず、一方の《Vakula-kuznets》は全く上演されなかった。それ以外の7つのオペラや管弦楽曲の自筆譜は、出版に回されていない。

アファナシエフの回想録『想い出の記』は、1890年に出版され、旅する演奏家としての経験を、部分的には19世紀半ばのロシアの音楽界を俯瞰するものとして書き残している。歿後の1896年には、ロシア音楽協会の名誉会員に選ばれた。

参考文献[編集]

  • Spencer, Jennifer. "Afanas'yev, Nikolay Yakovlevich". Grove Music Online (subscription required). ed. L. Macy. Retrieved on March 17, 2007.

外部リンク[編集]